初場所でクロダイ44cm&33cm!

■日付:3月22日
■天気:晴れ
■潮回り:小潮
■場所:三浦南部
■お名前:野崎
■釣果:クロダイ44cm1245g、33cm、メバル×1匹、ササノハベラ×1匹、アナゴ50cm級×1匹、アカメフグ×4匹、クサフグ×7匹、キタマクラ×2匹(全釣果)
■コメント:3/22(月)はこれまで1回も竿を出したことがない地磯(小磯)で乗っ込みクロダイの試し釣りをやってみました(^^)/ 夕方に最干潮を迎える潮回りではありましたが、逆にこれは釣り場リサーチという観点からは最適な環境でした。潮位がかなり低い分、普段は見えづらい根や溝などの海底地形が格段に把握しやすく、正確な水深の計測も容易になります。

 クロダイもメジナも、良型魚ほど根や溝から離れない傾向が強く、魚道(魚の通り道)、魚の付き場所、魚の隠れ家、コマセの溜まりやすい場所などを知ることはとても大事だと思っています。

実釣時間は15:00~21:10。開始早々3投目でいきなり44cmの本命が釣れて最高のスタートダッシュに成功しました!!釣り場の全体像を把握する前に早くも本命釣果が出て胸が躍りました。

この時は円錐ウキを10cmほど抑え込む微妙なアタリが約7秒継続。根モタレと区別がつかず、ラインを張ってテンションを加えるとドカンとヒットしました!

幸先の良い釣果に連続ヒットを夢想するも、その後は徐々にフグの活性が上がって苦戦モードに突入。夕マヅメに33cmのカイズを追釣することはできたものの、クロダイの大きな乗っ込み魚群が入っているという感じではありませんでした。

今回は半夜釣りの現場調査も兼ねており、昨年12月以来3か月ぶりの延長戦(半夜釣り)に突入するも半夜の部は不発でした。今回の釣り場は何の変哲もない小場所ながら、ポテンシャルは高そうです。今後も定期的に調査を継続しようと心に誓いました。

乗っ込みクロダイのまとまった釣果情報はこれから急上昇するのが例年のパターンです。乗っ込みメジナも依然高気配継続中のため、どちらからも目が離せませんね!

フォローする

TOP