クロダイ37cm、32cm、メジナ36cm、34cm!

■日付:3月15日
■天気:晴れ
■潮回り:大潮
■場所:三浦南部
■お名前:野崎
■釣果:クロダイ37cm990g、32cm、口太メジナ36cm930g、34cm(メジナ合計5匹)、アイゴ35cm位×1匹、ササノハベラ×2匹、クサフグ×17匹(全釣果)
■コメント:3/15(月)は仕事を速攻で終わらせて地磯に急行しました。実釣時間は12:50~18:05です。この日は前回釣行(3/9)とは全く違う展開で、開始早々クサフグが湧いてしまってかなり手こずりました。クサフグは17匹も釣れました(+o+)

カチカチに固めたコマセを5杯先打ちし、10秒数えてから仕掛けを10m潮下に離して投入してみると37cm990gのクロダイがヒット!ちょうど上げ潮が動き始めたタイミングでした。

その後はエサ取り対策として持参していた練りエサ(食い渋りイエロー)や生エビのむき身(生イキくんムキミ)でクサフグ軍団を強行突破する作戦にチェンジするも、今度は深いタナまで入ったそれらの付けエサにはクロダイやメジナからの反応は無し…。時々オキアミに戻すとクサフグで瞬殺、こんな感じでかなり厳しい展開が続きました。

だいぶ潮位が上がった17時以降は攻め方を根本的に変更しました。円錐ウキを3Bに交換、ガン玉3Bを1発だけ打ったハリス1ヒロの固定仕掛けに衣替え。敢えて大ザラシが渦巻いている足元の浅場にオキアミを入れ込んでみると、待望のメジナがヒット!!腹回りがぷっくりした乗っ込み魚体でした。

その後も同じ攻め方で32cmのカイズや34cmのメジナを追加することができました。前回3/9は生体反応無しに苦戦し、今回はクサフグラッシュに手を焼く展開でしたが、何とかクロダイとメジナの顔が見られたので嬉しかったです!(^^)!日により場所により、魚の種類や活性に大きな差が出ている現状を身をもって体感しました。さて次回はどこに行こうかなぁ^^

フォローする

TOP