10/31(月) 無念のバラシ(:_;)

10/31(月)と11/1(火)は2日連続で磯釣りに行ってきました!(^^)!夏の間は釣りをお休みしていた磯釣り師の方々も秋の深まりとともに復活!周辺の磯は2日とも大盛況でした♪

10/31(月)は遅番スタッフKにお店を引き継いだあと14時過ぎに現場到着。偶然当店のお客さまの山本さんにお会いしました。ちょうど納竿するところだった山本さんのご厚意で場所を譲っていただきました。当日はやや荒れ&17時前の大潮満潮に向かって潮位は上昇傾向、釣り座難民になりかけていただけに本当に助かりました。ありがとうございました!!

当日は20cm~25cmの口太メジナの活性が非常に高く、毎回のように円錐ウキにアタリが出ました。電気ウキ点灯直後には33cmのメジナもヒット!小型サイズのメジナは完全に姿を消し、良型魚出現の気配が色濃くなってきました。

完全に暗くなるとアタリはほぼ無くなりオキアミも頭ごと残りっぱなし。来れば一発デカ判の典型パターンに入るも良型魚からの魚信はなかなか出ませんでした。

集中力が途切れかけたところで英気を養うための一服タイム♪竿を脇に挟みタバコに火をつけようとしたその時、いきなり竿を引っ手繰られました!!『うわぁデカいのが来た!でもタイミング悪すぎだぁ~。』両手が塞がっていて完全に後手を踏んでしまいました。

タバコとライターを磯に打ち捨て、伸された竿を手に必死の形相で応戦開始!!しかしこの時すでに魚と私は綱引き状態で一直線…。やむなくリールのベールを開けていったん道糸を大量放出しました。『多分根に潜られちゃっただろうな…』と思いながら竿の角度を取り戻して絞ってみると、なんと魚が動く感触あり!!希望の光が見えた瞬間でした。

しかし先手を取れなかった代償は大きかった…。糸鳴りが響き渡るなか3秒後には浅根に突っ込まれハリス2号がブレイク。無念のバラシでした(:_;) 感触的には1kg超級のメジナだったかなと思います。

その後はメジナの気配は完全に消え、30cmのマアジが釣れたところでアジ狙いに切り替えるも全くエサが取られず万事休す。ゴンズイが2匹釣れたところで翌日の再戦を誓って納竿しました。

【今回の全釣果】
口太メジナ33cm頭に9匹、マアジ30cm×1匹、ウミタナゴ×1匹、ちびメバル×1匹、ゴンズイ×2匹

【実釣時間】
14:45~20:30

フォローする

TOP