6/8(火)は猛烈バラシ2回&クロダイ37cm!

6/8(火)は古山さんと一緒に磯釣りに行ってきました。 釣り場周辺には予想通り13cm級の小サバとスズメダイが多くかなり苦戦しましたが、穏やかな海に向かって和気あいあいと竿を出せてとても楽しかったです!(^^)!

実釣スタートはAM8:05。開始から数投はオキアミで勝負できましたが、その後は小サバとスズメダイが大集合して厳しくなってきました。そこでエサ取りの層を強行突破するべくアピールホワイト(練りエサ)にチェンジしたその第1投目、仕掛けが馴染む前に円錐ウキがスコ~ンと消えて37cmのクロダイがヒット!!スピード感満点の強い引きでした。

2匹目を狙い緩い当て潮を利用して足元の磯際(壁際の落ち込み)をウキ下3ヒロ(約4.5m)で攻めていた午前10時半頃、手も足も出ない怪物に一瞬で根に潜り込まれる猛烈バラシを2連チャンでやってしまいました!!

1度目は沖の潮目の動きを確認するためによそ見していた時、もの凄い衝撃で竿を引っ手繰られました。まさに激震。よそ見をしていたとは言え、ここまでの激震は滅多にないです。一瞬で根に逃げ込まれ出てくる気配はなし…。仕方なくハリスを切って仕切り直すことにしました。

2度目はその15分後。同じポイント、同じ攻め方でした。道糸やハリスの傷や結節点の強度を総点検し、やり取りのイメージトレーニングも済ませ、足場の確認やタモ入れ場所の確認も抜かりなく行いました。万全の態勢を敷いた上で集中力MAXの状態だったにもかかわらず、手も足も出ず再びやっつけられてしまったのです。

仕掛けが馴染んで少しすると、目にも止まらぬ猛スピードで一瞬で円錐ウキが足元の海中に消え去り、合わせることも出来ないまま1.5号のがま竿が伸され、エグレに潜り込まれて万事休す。しばらく待ったり、ワンドの対岸まで移動して引っ張ってみたりしましたがどうにもなりませんでした。そして最後はブラックストリームハリス2号切れ…。このバラシはホント悔しかった~。

『2度あることは3度ある』と信じて同じポイントを執拗に攻めるも、3度目はありませんでした。このバラシ2発はいずれもアピールホワイトに食ってきました。

目先を変えて海底の砂地箇所をダイレクトに狙う作戦に変え、エサ持ちイエローを大きく付けて海底に這わせると、渋いアタリで食ってきたのはデカいヒガンフグ(><)。引きがクロダイに似ていたので姿が見えた時はガックリでした。続いて居食いでデカいギンポ…。古山さんは釣った小サバを切身にしてカサゴやメバルをゲットしました。

今回使用した練りエサは荒食いブラウン、エサ持ちイエロー、アピールホワイトの3種類。色だけではなく、粘りや比重(沈降速度)、バラケ具合がかなり違います。単体使用はもちろん、2種類以上の完全ブレンドや粗めのミックスマーブルも効果的なのでぜひ試してみてください!!

今回は数ある小サバ対策のうち、当て潮を利用した磯際ビタ狙いの効果を再確認できたことが収穫です。猛烈バラシ2発が脳裏から離れずメチャクチャ悔しいですが、また次回も頑張ります。

【今回の私の全釣果】
クロダイ37cm、アイゴ33cm~38cm級×3匹、ヒガンフグ36cm870g、ギンポ×1匹、スズメダイ×1匹、ササノハベラ×2匹、小サバ×7匹

【実釣時間】
AM8:05~13:40

フォローする

TOP