3/3(火) 渚初場所でクロダイゲット!(^^)!

クロダイ師のくらちゃんから渚釣りのお誘いが入り、店休日の3/3(火)に一緒に出撃することになりました♪今回の目的地は三浦西部エリアの渚。私自身初めての場所なので、くらちゃんにいろいろ教えてもらいながら竿を出しました(*^-^*)

早朝5時半にお店で待ち合わせ、コマセを練り込んでいざ出撃。今回の私のコマセメニューは『激重+白チヌ+激荒+釣り王SP+オキアミ+アミエビ』です。高比重の激重に白色系濁りが強い白チヌをミックスしたものをベースとし、海底のエサ場を目立たせてクロダイに強烈にアピールするために激荒や釣り王SPもふんだんに入れました。

現場に到着すると、散歩の方が一人だけで釣り人は誰もいません。澄み渡る空気と穏やかな朝日に包まれてとっても気持ち良かった~!!風も弱く温暖で渚釣りにはもってこいの環境でした。

くらちゃんから釣り場のレクチャーを受けてAM7:10に実釣スタート!!まずはゴム管オモリで付近の水深や海底の状態を調べると、釣り座正面25m付近の水深は約2m。そこから左側は50cmほど深く、右側は徐々に浅くなっていることが分かりました。明確に視認できる岩盤状の低い根も入っており、その周辺が絶好のポイントになると思いました。

開始から1時間が経過した8:10の時点でアタリゼロ&オキアミは丸残り。生えびのムキ身(生イキくんムキミ)、激荒のコーン、練りエサ(食い渋りイエロー)、そしてこれらの抱合せを含め7通りの付けエサパターンでローテーションしましたがアタリは一度も出ませんでした。

明確なアタリが出たらクロダイの可能性が極めて高い状況です。『ワンチャンス勝負っぽい展開になってきましたね。一発目のアタリで確実に仕留めましょう。』そんなことを隣のくらちゃんと話しながら釣りをしていると、この日初めて自立棒ウキに反応が出ました!

激荒のコーン1粒と加工オキアミの抱合せにゴツンと力強い前アタリ!!残念ながら本アタリに発展せずそっと仕掛けを回収すると、オキアミは取られコーンがグチャっと噛み潰されて戻ってきました。

フグのそれと見間違えることはない潰され方を見て、『くらちゃ~ん、コーンがぐちゃぐちゃに潰されたよ~。クロダイで間違いないと思う。よ~しリーチだぁ!』と伝えました。

そして次投。同じく激荒のコーン1粒とオキアミの抱き合わせを同じポイントに投入。コマセを多めに打ち込むと、棒ウキにモゾモゾっと反応が出たあとス~と綺麗に入って良型魚がガツンとヒット!!すぐにクロダイと分かる首振りが伝わってきました。

慎重にやり取りし寄せ波に乗せて砂浜にずり上がったのは、まん丸体型の腹パン重量級クロダイ!!色つやも良く鰭ピンの綺麗な魚体でした。くらちゃんも駆け寄ってくれて、二人で大喜びしました!(^^)!

依然チャンスタイムは継続中。渚クロダイは連打がとても多いので集中モードで次なる釣果を狙いましたが、徐々にクサフグなどのエサ取りが増えて厳しくなってきました。

9時の満潮を挟んで潮が下げ始めると、フグが一気に増えてクロダイの気配は消滅…。このままコマセを消費して納竿なのか、と思い始めていた正午過ぎに変化が。

ふとくらちゃんの方を見ると、なんと攻め方を大胆に変えて超々接近戦を挑んでいるではありませんか!!普段ならまず見過ごしてしまうであろう干潮時の波打ち際狙いです。

『えぇ~、そんな近くで食うのかなぁ??』と尋ねると、『可能性はゼロじゃないですよ~。前にも食ったことあるし。』と笑顔のくらちゃん。

そしてまず最初に食ってきたのが50cmの寒ボラ。大変美味なのでもちろんキープ。

続いて14時頃再びくらちゃんが波打ち際で良型魚を掛けました!!柔らかいやり取りで砂浜に上がったのは40cm1060gの本命クロダイでした!(^^)!

ヒットポイントはいずれも水深数十cm程度。ほぼ竿下~5mまでの波打ち際です。浅場好きの私でもさすがに狙わないであろうポイントでの見事な釣果に感服いたしました!!まさに灯台下暗し。あっぱれ、くらちゃんです。

やはり、色々な方と竿を出すと学ぶことや気付かされることが本当に多いです。また今度もご一緒させてくださいね~。ありがとうございました!!

【くらちゃんの全釣果】
クロダイ40cm1060g、寒ボラ50cm1340g、クサフグ×1匹

【私の全釣果】
クロダイ42cm1520g

【実釣時間】
AM7:10~14:35

フォローする

TOP