最近の配合パターン

こんばんは。スタッフ竹石です。

まだまだ水温は高く、エサ取りの活性は高い状況ですが、季節は徐々に寒グレシーズンに向かっています!夏場は地磯釣行もサボり気味でしたが、これからの時期は重たい背負子を背負って地磯に行く回数も増えていきます。

今回は私が一回の地磯釣行で使用するコマセの量や種類を紹介したいと思います。

4~6時間の釣りでオキアミ6キロに配合エサ3袋を用意する事が多いです。最近は上の写真が気に入っているブレンドパターンですが、季節や気分で変わります。コマセの性能に重視するポイントは、遠投、集魚、拡散で、この3つをバランス良く補えるブレンドを常に考えて、いろいろなブレンドを試して楽しんでいます。使いやすい配合パターンを発見すると嬉しいものですね!
地磯に向かう際に背負子を背負ったままの転倒は本当に危険なので気を付けてくださいね。自分が安全に運べる量か、背負子は壊れていないかなど必ずチェックして出発しましょう!
皆さんも磯に行く際は、配合エサのブレンドもいろいろと試して楽しんでください!

岩イソメ、ジャリメ、オレンジイソメ、青イソメ、在庫がございます。
明日はAM4:00開店です。

TOP