尾長30cm頭に7枚、口太36cm960gゲット!

■日付:3月23日
■天気:晴れのち曇り
■潮回り:中潮
■場所:三浦南部
■お名前:野崎
■釣果:尾長メジナ30cm、30cm(尾長合計7匹、最小は27cm位)、口太メジナ36cm960g、34cm、33cm、31cm(口太合計4匹)、ササノハベラ×3匹、ニシキベラ×2匹、アカメフグ×1匹、キタマクラ×1匹、クサフグ×1匹(全釣果)
■コメント:3週間ぶりに磯釣りに行ってきました(^^)/ 実釣時間は午前9:25~17:50。午前中はエサ取りが少なく食いもシブシブでした。

正午過ぎ、待望の口太31cmがヒット!!そして15m~20m沖の潮目&泡目で30cmの尾長が2連チャン!!目の覚めるような円錐ウキの消し込みとシャープな引き味は、口太のそれとはまた違って最高でした。三浦で30UPの尾長を釣ったのは本当に久しぶりです。いい感じになってきました♪

ところがここで変調。いよいよメジナタイムスタートかと思いきや、フグ類の活性が急に上がって気持ち良く釣りができません。ヒット率もヒット数も伸び悩みました。『あぁ、ここでフグラッシュかぁ…。ついてないなぁ。』そんな心境でした。

エサ取りに強い生イキくんムキミ(生エビのむき身)に変えて潜り潮に入れ込むと、道糸がバチッと弾かれてこの日最大の口太36cm960gが食ってきました!!

薄暗くなってきた17時以降はフグが消え、オキアミが残るようになりました。一発型物が出そうな雰囲気満点でしたが一発は無し。代わりに納竿間際に27cm~29cmの尾長が5連発!!時間帯によって魚の活性や種類が入れ替わって楽しかったです!(^^)!

フォローする

TOP