7/24(金) 肝心なところでバラシ!

7/24(金)は午後からクロダイ狙いで出撃!週末を控えた金曜日に釣りに行くことはふだん滅多にないんですが、今月は悪天候などで釣りに全然行けてなかったので無理して行っちゃいました(^^)/ 前回は三浦西部に行ったので、今回は東部地磯を目指しました。

日没までの短時間一本勝負、スタートは16:15。現場には台風のうねりが程よい感じで入っており、砂が巻き上げられた強い濁りで透明度は50cmもないくらい。クロダイ狙いにはグッドコンディションでした。15:40頃の小潮干潮からの上げ狙いなんですが、懸念材料は今回の場所は潮位が低い時間帯の実績が極端に低いこと。水温や濁りなどの条件は良いだけに、何とか顔を拝みたいなぁと思っていました。

手に負えないほど湧いてしまうことがあるクサフグはほぼゼロ、ウミタナゴもゼロで付けエサのオキアミは残り続ける状況でした。念のため持参したサナギや練りエサ(マルキューの高集魚レッド)の出番は今回はありませんでした。

自立棒ウキで水深をきっちり測り、底トントンで明確なアタリ!上がってきたのは口太メジナ22cm、25cm。どうやらうねりの影響で底潮が大きく振られ、ノーガン玉のハリスが浮き上がって付けエサが中層を漂っている感じでした。極力ハリスにガン玉を打ちたくなかったため、ウキ下を50cm深くし、針も軸太にチェンジ、号数も大きくしました(掛りすぎチヌ2号→口元尾長7号)。

『これでまたメジナが食ってくるようならガン玉打たなきゃなぁ』と思っていると、食ってきたのは25cm位の良型ギンポ!うまく海底に這っているようなのでそのまま続行すると、やや間があって棒ウキがヌル~っと消えました。期待を込めて合わせると小振りな何かがヒット!釣れたのは22cmのチンチンでした!(^^)!

この1匹でやる気モリモリになった私。相変わらず付けエサのオキアミが残ることが多く、上げ潮とともに、徐々にウキ止めの位置を上にずらしていきました。本命の気配はあるのに食わせられない時間が経過し、気づくと18:40。『ひょっとして浮いてるかも…』と考えてウキ止め糸を1m浅い位置に移動させてみました。

諦めかけた18:50、棒ウキがスポッと消えて逆転の1枚がヒットしてくれました!!水面でヒラを打ったのは40cm1kg位の本命いぶし銀!!『粘った甲斐があったなぁ…。良かったぁ♪』と早くも感慨にふけりつつ、後ろのタモを取ろうと振り返った刹那、またやってしまいました!(>_<)! 痛恨のハリ外れ…。思わず『うひゃぁ~~!』と叫んでしまいました。

クロダイの活性は高いので、次回はバラさないようにガンバリマス!!

【今回の全釣果】
チンチン22cm、口太メジナ25cm、22cm、ギンポ×3匹

【実釣時間】
16:15~19:10

DSC_0032_thump

フォローする

TOP