6/15(月)の磯釣り釣行記

お昼で早上がりの6/15(月)は、夕方から三浦東部で竿を出しました。第一候補の場所には先行者の姿が見えたので、遠くに見える第二候補の場所を確認すると誰もいない!!しかし潮位が高いと途中が水没するこの場所は、ちょうど大潮満潮を迎えたこのタイミングでは行き来に難儀します。そこで割と近距離にある安全な第三候補の場所で竿を出すことに決めました。

荷物を担いでてくてく歩いていると聞き覚えがある声が聞こえました。『あれ~、店長だぁ!これから釣りですか~。』と声を掛けてくださったのは磯師のKさん!!仲間の方々とのバーベキューを楽しんでいたKさんとしばし談笑したあと私は現場へと入りました。

『もう少し波っ気と濁りがあればベストだなぁ~。フグがおとなしければ…。』と思いながら第一投目を投じたのは16:45でした。やや濁りはあるものの海底までマル透け状態、しかもまだコマセを入れていないのに早くもクサフグ軍団が付けエサのオキアミをついばむのが見えました。

コマセを打つとさらにフグが集まってきて、開始早々暗雲が垂れ込めてきました…。いきなりのピンチに休憩を取り作戦を練り直していると、第一候補の釣り人が帰るのが見えました。釣り始めて間もなくの場所移動をいったん躊躇しましたが、思い切って移動してみることにしました。

海水を含んでむしろ重たくなってしまったコマセを担いで汗だくで移動し、再度竿を伸ばし、仕掛けを作り直して仕切り直したのは17:40。ちょうど下げ潮が効き出して海がざわついていました。『多分こっちもフグだらけだろうなぁ…。』と覚悟を決めて仕掛けを投じると、なんとフグがあまり居ないようで、手のひらクラスながらメジナがポツポツヒットしてくる状況でした。

18:20頃からウミタナゴに少し手を焼くようになったので、付けエサを半ボイルオキアミにチェンジ!なんとか31cmまでの口太メジナを数枚追加したところで電気ウキを点灯しました。周囲にまだわずかながら明るさが残されていた19:15、一際元気な引きで暴れ回ったのは38cm860gの口太でした!(^^)!

『暗くなった後、タナゴが消えてくれれば…。』と願っていると、程なくしてタナゴはおとなしくなりました。しかし今度は一番恐れていたクサフグの集中攻撃が始まってしまいました(>_<) 仕方なくハリス1.2mの固定仕掛けで海藻帯の切れ目を狙い、単発ながらポツリポツリと30cm~36cmのメジナがヒットするも、ついに大物からのアタリはありませんでした。

暗くなってからはクサフグが一瞬でもおとなしくなる『間』は全くなく、後で考えるとむしろ夕マヅメの方がチャンスがありました。釣り上げた16匹のクサフグのうち、お腹や尾びれにスレ掛りしたものが4匹もいました。たぶん相当数のフグ密度だったと思います。今回はフグに手を焼きましたが、メジナの活性自体はかなり高い状態が続いています。やけっぱちで1.2m固定仕掛けをコマセが全く効いていない場所へ25mほど遠投したら32cmのマアジも釣れました!今後は磯の大アジ狙いも面白いと思いますよ~。

得体の知れないモンスターがウロウロしているのは間違いないと思いますので、また次回ガンバリマス!!

【今回の全釣果】
口太メジナ38cm860g、36cm、35cm、34cm(メジナ合計13匹)、マアジ32cm×1匹、メバル×3匹、ウミタナゴ×5匹、クサフグ×16匹、ドンコ×1匹、アイゴ35cm×1匹

DSC_0046_thump DSC_0048_thump DSC_0047_thump

フォローする

TOP