4/22のクロダイ釣行

4/22(火)は渡辺さん、磯部さんと3人で久里浜沖にあるアシカ島に渡礁しました。狙いは乗っ込みクロダイです!そのほかメジナの40cmオーバーや大きなマダイまでフカセ釣りで出ることもあり、超ワクワクしながら向かいました。久里浜・夫婦橋近くの渡船場所に着くと、偶然サンラインの加藤さんやテスターの久保野さんたちのグループがいらっしゃいました!出船時間ギリギリに到着した私は、皆さんへのあいさつもそこそこに出船準備に大慌て…。何とか無事に船に乗り込んだのでありました(^_^;)

改めて久保野さんたちにご挨拶をして船はアシカ島に到着。小さい方(アシカ島)にサンラインの方々、大きい方(笠島)に私たちを含む5人が降りました。潮回りは小潮、潮時表の満潮時刻は8:30頃ですが、渡礁した7:00頃の現場にはすでに下げ潮が効き始めていました。アシカ島周辺は潮流が複雑で、私が渡礁する時は現場の上げ下げの潮向きが潮時表よりも早いケースが多いです。

各自思い思いの場所に入り、さっそく実釣開始!まずコマセを足元に撒いてみるとウミタナゴはそれほど見えなかったのですが、仕掛けを入れるとすぐにオキアミが取られてしまう状況でした。そこで軽めの仕掛けのままやや沖の潮筋に投入すると、オキアミは残るものの仕掛けを馴染ませるのが難しいことが分かりました。潮の角度が左斜めからの巻き込みで風向きも左から。この状況で確実に仕掛けを馴染ませるために、普段の釣りではあまり使わない1号オモリの重い仕掛けへの変更を決断しました。

この仕掛け変更が良かったようで、うまく潮のヨレや鏡の縁に流し込むことができるようになりました。AM9:00、水面直下をドリフトしていた円錐ウキがズボ~っと消えて37cmのクロダイがヒット!その後、正面やや沖を通す本流筋と右からの引かれ潮の合流点付近にできた沈降流に円錐ウキを吸い込ませラインを張ったり緩めたりしていると、竿引きのアタリで47cm1750gと42cm1265gのクロダイが連続ヒットしました!(^^)!潮流自体の速度はそれほど速くは無いのですが、その角度やオッツケ具合が目まぐるしく変化し、同じパターンで流せないのが難しかったです。手前にたくさんいるウミタナゴなどもやや沖の潮筋にはあまりいなかったです。ウキ下は竿1.5本~2本を中心に、竿3本近くまで探りました。流した距離は15m~50mの範囲、アタリが多く出たのは20m~40mです。

午後に入るとそれまで芳しくなかった磯部さんの竿が連続で曲がりました!わずか30~40分の間にクロダイ4連発はカッコ良かったです!(最後の1枚は水面でのバラシでした…。)最大は2145gの腹パンクロダイで昨日の笠島での最大魚。潮が若干緩い場所に入った同行の渡辺さんも午前中に43cm1630gの本命クロダイ、14時過ぎには38cm930gの口太メジナをゲットしました!(^^)!思ったほど潮が流れずウミタナゴやスズメダイに翻弄されながら、休憩なしで黙々と頑張り続ける姿はさすがだなと思いました。

小さい島に渡った久保野さんや加藤さんたちも、しっかりとクロダイ&メジナを釣り上げていました!!横目で竿捌きや仕掛け打ち返しのテンポなどを勉強させていただきありがとうございました^^またよろしくお願いします(^_^)/

430-2 430-3 430-1

フォローする

TOP