7/29の磯釣り

7/29(火)は三浦東部にメジナ五目で磯釣りに行ってきました!もう少し早い時間からゆっくりじっくり竿を出す予定でしたが、惰眠をむさぼっていたら16時からになってしまいました。前回の釣行で電気ウキの電池が無くて夜釣りできずに無念の強制終了を食らった反省から、今回は出発前に3回も電池を確認して万全を期した…ハズでした。

ところが今回もとんだミスをやらかしてしまいました(>_<)いざ夜釣りの仕掛けを作ろうと思ったら、なんとナント今度は電気ウキ自体が全部無い~!!絶対に忘れまいと電池は持って来たのに肝心の電気ウキを自宅に忘れてきちゃったのです…。思い起こせば先週、磯パンツのポッケの中に電気ウキを全部入れたまま自宅に持ち帰ってしまい、洗面所に置きっぱなしになっていたのです。

『なんだかなぁ~、疲れてんのかなぁ~、あり得ん!』と一人ぶつくさ文句を言ってみたところで状況は変わらず、今回もあきらめて帰ろうかと。しかし今日は帰りの経路の途中が満潮・水没でブーツでは帰れない状況。そもそも夕マヅメの時間帯は潮位の関係で帰れないことが分かっていての半夜釣りだったのです。

仕方がないので昼間の仕掛けのまま、暗闇フカセ釣りをすることにしました。新月回りで月が出ておらず辺り一帯真っ暗!もちろんヘッドライトは持っていますが、海面を照らしながら釣りするわけにもいかず、ウキの着水音とラインのテンション、自分自身の感性頼みの釣りとなりました。それでも19:25頃34cmのマアジ、20:00頃36cmのマアジ、20:30頃34cmの口太、21:00頃28cm級の尾長などが竿を引き込むアタリを出してくれて、思いのほか楽しかったです!(^^)!

コマセが残り僅かとなった21:30には正体不明の強烈なアタリが来てドキドキしました!結局魚の顔をこちらに向けることができないまま突進を許し、4~5秒のやり取りののち根ズレで痛恨の大バラシ!夕マヅメに足元に何度か回遊していた3kg級のエイかもしれませんし、超大型のメジナだったかもしれません。実は以前の釣行でも同じ場所で三浦では滅多に使わない2.25号のハリスを瞬間的に飛ばされているので、機会があればモンスターと真っ向勝負を挑んで正体を確かめたいと思います!

今回も小サバの姿はゼロでした。夜の部ではアタリ以外はほぼオキアミ丸残りor頭だけ取られる状態でした。今年は例年と違ってチビアイゴの猛襲は影を潜めていますし、サバの猛襲も止みつつあります。暑さ対策を万全にして、次回はちゃんと釣りします(^^)/

513-2 513-3 513-1

フォローする

TOP