6/1(火)は大物不発でした(._.)

店休日の6/1(火)は南部エリアの地磯に行ってきました(^^)/ 実釣時間はAM9:00~18:10。4/6(火)に良型メジナがたくさん釣れた場所だったので期待してたんですが、20cm未満の小型メジナの数釣りに終始。メジナ総数35匹のうち20cmを越えたのは僅か3匹、最大は25cm位の尾長メジナでした。

まん丸のつぶらな瞳があまりに可愛かったので写真を撮ってみました(*^-^*)

表層は13cm~15cm級の小サバの大群が狂喜乱舞状態…。そのすぐ下に小型メジナやクサフグがわんさか控える状況でした。

小サバやフグ対策として、ガン玉2B~3Bの多段打ち作戦や、G2~3Bの口ナマリ(くちなまり)作戦を発動!!結果としてこれらの作戦でかなり交すことができました。ただコマセ先打ちだとガン玉多段打ちでも突破できないことが多く、コマセは後打ち&バラケ打ちが一番効果的でした。

練りエサはイエローとホワイトを試したんですが、この日は圧倒的にホワイトの方がエサ取り突破率が高かったです。

付けエサは生オキアミ、加工オキアミ(スーパーハードMと食い込みイエローL)、生エビのむき身(生イキくんムキミM)、ボイルオキアミ大粒、練りエサ(エサ持ちイエローとアピールホワイト)の7種類を併用&ローテーションしました。

新たな発見だったのは、黄色いオキアミ(食い込みイエローL)が案外エサ取りに強かったことです。定番のボイルオキアミや生イキくんムキミMも、小サバアタック=アタリが出ても合わせたり引っ張ったりせずに完全放置すればあきらめて離すことが多かったです。

この日の最大魚は12:30頃渋いアタリでガツンとヒット!ヒット直後は『ついに来たか、でかメジナ!』と手に汗握るも竿先を叩く感触でアイゴを確信。上がってきたのは38cm位のアイゴでした。

今回は小サバ対策をあれこれ試すという目的も果たせましたし、アタリの回数がメチャクチャ多かったので最後まで集中して竿を出しました。新たな作戦を考えてまた再チャレしたいと思います!!

【今回の全釣果】
メジナ10cm~25cm×35匹(内訳:20cm超は3匹。ほとんどは15cm前後の小型。尾長7割、口太3割)、アイゴ38cm級×1匹、小サバ×9匹、トウゴロウ×1匹、クサフグ×5匹、キタマクラ×1匹、アナハゼ×1匹、ニシキベラ×3匹

【実釣時間】
AM9:00~18:10

フォローする

TOP