10/18(水) 地磯で惨敗…涙

先週水曜日(10/18)は朝から釣りの虫がウズウズしていました。翌日から向こう一週間の予報は最悪…。秋雨前線の停滞による長雨と冷え込み、そしてその後は大型の台風21号が大きなうねりを伴い直撃コースで接近すると出ていました。しばらく釣りに行けなそうな雲行きゆえ、勤務スケジュールを無理やり調整して強硬出撃するならこの日しかなかったのです。

『どうしようかなぁ~。昨夜(10/17)も半夜釣りしたからちょっとお疲れモードなんだよなぁ…。う~ん迷うな。でも行きたいなぁ。』あれこれ悩んでいるうちに釣り虫の疼きは高まる一方でした(^^ゞ

するとそこへ馴染の生駒さんが満面の笑みを浮かべてご来店!!開口一番、『今日は仕事休み入れたんですよ~!!釣り行くしかないでしょう!』。この一言で私の悩みは即解消^^しかも超グッドタイミングでスタッフKも出勤♪業務の引継ぎもそこそこに速攻で出撃態勢に入りました。

先に生駒さんが南部地磯に向かい、私はいったん自宅に戻り、釣り道具を車に放り込んで後を追いました。そして釣り場で無事に合流!私の実釣スタートは12:50でした。

この日は北東風が強く、海はやや荒れ気味。私の釣り座は程よくサラシが出ていて良型のメジナが出そうな雰囲気は抜群でした。左斜め前方からの向かい風と右方向からの波をどう捌くか、これが釣果の肝になると思っていました。

しかし思うように仕掛けをコントロールできず大苦戦…。正面に仕掛けを投じると風による表層流に乗って右に巻き込みながらすぐに根の上へ乗っかってしまい、仕掛けを馴染ませる『間』がありませんでした。

私の釣り座では付けエサのオキアミが残ることも多かったのに食わせることができず、結局そのまま日没ゲームセット。そして私はまさかのメジナボウズで玉砕…。先日グレ(メジナ)釣りのトーナメントで全国大会出場を決めたばかりの生駒さんも同様にメジナボウズ…。二人揃ってケチョンケチョンの結果でした(:_;)

『近くには絶対に型物のメジナやクロダイが居たと思うんですよね~。』と私。『僕もそう思うんですよ。メジナ釣りってホント奥が深くて面白いですよね!上手く攻めが噛み合わないと結果=釣果が出ないところがまた最高です!!必ずリベンジしますよ~。』と生駒さん。

唯一絶対の正解がない磯釣りが楽しくて仕方ありません。毎回違う状況下で、思いつく作戦を実行しても結果が伴わないこともまた多いです。思い通りにいかない事の方が多く、しかも答え合わせもできません。『だから熱くなるんだよなぁ~。』そんな話を生駒さんとしながら帰路につきました。

【今回の私の全釣果】
アイゴ×2匹(30cm前後)、カサゴ×2匹、オハグロベラ×4匹、ササノハベラ×1匹

【実釣時間】
12:50~17:20

フォローする

TOP