釣果情報でイメトレ

今朝は土砂降りとなってしまいました。お陰で近隣のサーフもドチャ濁り。さすがに釣りには厳しい1日でした。それでも梅雨は終盤。これから先梅雨明け前後の釣果が気になるところです。過去の梅雨明け前後の投げのシロギス釣りの目立った釣果を調べてみました。

2016年7月7日 26.5cm8日 25cm10日 26cm16日 29cm226g

2018年7月1日 27.5cm

2019年7月20日 27cm

この時期はシロギスの乗っ込み時期とあって、目立つのは数釣りよりも20cm台後半のジャンボギスの釣果です。ジャンボギス経験者の皆さんは『竿ごと持って行かれるようだった』と仰っています。投げ釣りタックルは陸っぱりの釣りの中では重い部類に入ると思いますが、あれを持って行かれるように感じてしまうのは魚体からは想像できない凄いパワーだと思います。体験できるチャンスはこれから1ヶ月くらいが最も高いと思います。

これまで本当に多くの方々のご協力のおかげでたくさんの釣果情報をHPに掲載することができました。メジナやクロダイ、その他の魚種も盛りだくさんです。梅雨前線が猛威を振るって思うように竿が出せない日が多いですが、そんな日には過去の釣果を振り返って次回釣行のイメージトレーニングをしてみるのもいいと思います。

明日7/7(火)は定休日です。
   

 

フォローする

TOP