今年のサーフのシロギスは?

こんばんは!スタッフKです。

4月も後半に入りました。そろそろ気になってくるのがサーフのシロギスですね。三浦半島では、冬の間から断続的に釣果があった昨年を除けば、概ね、春の早い時期は西部の小磯や堤防で少しずつ釣れ始めて、徐々に東京湾側のサーフでも釣果が出始めるといった傾向があると思います。
今のところ当店近隣のサーフでは、シロギスの顔は見れるものの目立った数釣りの動きはありません(ただし、サーフ近隣の岸壁では20cm越えの単発釣果あり)。『今年はどうなの?』とちょっと心配になりますが、例年だと上昇カーブを描くようになるのはGW頃からが多く、今年が特に悪いわけではありません。特にこの1週間は台風余波や低気圧のうねりで濁りが入ってしまった時間が長く、条件的に厳しかったです。
この先は冷え込むことも少なく、海水温も上昇傾向。濁り気味の海が綺麗になればそろそろ数釣りの期待も高まってくると思います。

岩イソメ、ジャリメ、青イソメ、オレンジイソメ、いずれもたっぷり在庫がございます。
明日も早朝3:00開店です(閉店は20:00)。

フォローする

TOP