○○に一手間!

こんばんは!スタッフ竹石です!

最近は参加できていませんが、JFT全日本グレトーナメントや報知グレ釣り選手権に毎年参加していたことがあります。いずれも会場となるのが愛媛県宇和島市で、釣り場は池のような湾内の釣り場で、堤防やちょっとした小磯やゴロタ場みたいな場所で試合をします。その湾内の至る所にあったのが養殖イケスです。
とにかく癖が凄い釣り場で、トーナメントの対象魚はメジナですが、とにかく練りエサが威力を発揮します。釣り場の状況によってはオキアミは全く役に立たず、練りエサばかり使うこともあります。理由は養殖イケスが近くにあることで間違えなく、養殖イケスに撒かれるペレットを普段食べているので、オキアミより練りエサのが釣れたりするんだと思います。
そして、そんなフィールドで毎年のように上位に名を連ねるほとんどの選手が、付けエサに味を付けたり色を付けたり、〆たり柔らかくしたりなど、クーラーの中は自作の付けエサが入ったジップロックでパンパン状態でした。

上の商品はほんの一部ですが、このようなものを練りエサに混ぜたり、オキアミにまぶしたりする感じですね。量や漬け込む時間などやり方は人によって違いがありますが、養殖イケス付近での釣りや海上釣り堀で効果があるのは間違いなさそうです。混ぜたから何が良くて何が違うのか説明してくれ!と言われても研究員ではないので成分的な事は分かりません!ですが、昔ある名人から聞いて驚いたのが、写真のような商品をヘラブナ釣りの一流トーナメンターが使用していると教えていただきました。ヘラブナ釣りはエサが全てで、エサに手抜きしたら間違えなく大会では結果を出せない世界。そんなエサのスペシャリスト達が注目している話を聞いて、一気に添加剤に対する信頼度が上がったのを覚えています。

ジャリメ、青イソメ、オレンジイソメはいずれも在庫ございます。
明日は早朝3:00開店です。

TOP