10/11(火) 半夜釣行記

10/11(火)は早朝3:00~11時まで臨時で営業したあと、夕方から半夜釣りに行ってきました!目的地は先日9/26にモンスター級の魚をバラシた地磯です。

今回の潮回りは若潮。20時少し前が下げ一杯で半夜狙いの潮としてはイマイチな感じがしますが、実はこの潮回りで過去に何度か良い思いをしているのも事実。夜の干潮時でも潮位が110cmほどあるので浅場狙いへの影響が限定的なのかもしれません。

ほのかな期待を胸に実釣をスタートしたのは16:20。日本列島のはるか南東海上を進んでいた台風20号のうねりが入り、ガチャ荒れになったかと思うとしばらくはペターっと凪る海況が続きました。しかし透明度は海が揉んでいる割に高かったです。

日があるうちは今まで狙ったことがないポイントに仕掛けを入れてみたり、海底の根の位置や形状をより詳しく把握するために敢えて根掛かりするまでウキ下を深くしてみたりと、いろいろ調べてまわりました。

辺りが完全に暗くなると、たまにクサフグやアカメフグが掛かる以外はオキアミが残ることが多くなってきました!『いきなりデカいのが来るぞ~!!』と気合を入れていた最干潮の19:50、ウキがズボ~と入りました!

間合いを測って合わせるとあれれ、空振り…。気を取り直して仕掛けを投じること5投目の20時ジャスト、また同じポイントで同じように電気円錐ウキがズボ~と入って今度はヒット!!モンスターを警戒して強引なやり取りで対抗するとモンスターではなく瞬時に浮いてきました。タモに入ったのは41cm1065gのクロダイでした!(^^)!

dsc_0084

その後20:35には35cmのクロダイがヒット!このクロダイも1匹目のクロダイと同じ溝、同じウキ下(2.2m)で食ってきました。

dsc_0085

結果的には19:50~20:45までの小一時間はクロダイの気配が濃厚でした。この時間帯だけ、仕掛けが馴染み切る前に横っ走りアタリを出すフグが完全に沈黙していたこと、同じ溝の中だけで同じようなアタリ方でウキが4回入ったこと、そのうちヒットに至った2回がともにクロダイだった…、以上のことからそう考えたのです。

dsc_0087

これから秋が深まり冬が訪れる頃になると、メジナやクロダイの大物や得体の知れない一発デカ判狙いが俄然面白くなってきます。昨年も、一昨年もモンスター級と思しきデカ判には全敗を喫しているだけに、今年はせめて1回だけでも仕留めたいと思っています!!

【今回の全釣果】
クロダイ41cm1065g、35cm、口太メジナ33cm、シマダイ×1匹、ウミタナゴ×1匹、アナハゼ×1匹、アカメフグ×2匹、クサフグ×1匹

【実釣時間】
16:20~21:40

dsc_0082

フォローする

TOP