8/6(土) 真夏のクロダイ釣りへ!

真夏の太陽がさんさんと降り注いだ8/6(土)、スタッフKの協力で勤務シフトを組み替え、午後からクロダイ釣りに行ってきました(^^)/

あとで合流する予定のG太郎さんを現地で待ちつつ、はやる気持ちを抑えきれない私は一足早く12:50に実釣をスタートしました。ちょうど中潮最干潮の時間帯でした。もともと浅い場所がひときわ浅くなっていて潮もぺったり。パッと見は釣れるようには思えない感じでした。

しかし時折入る台風5号のうねりで強い濁りが出ており、『ひょっとしたら、ひょっとするかも…。』心の中には何か閃きのようなものがありました。この場所は干潮前後に難敵クサフグの活性が落ちるケースが多く、それを利用してじっくり攻めるのも有効ではないかと考えたのです。潮が上げるまではこの濁りだけが頼りでした。

開始4投目の13:00、強い濁りでも目立つようにコーン5粒をでっかくハリに付け放り込んだ仕掛けに微妙な反応が出ました。あちこちに漂流する切れ藻があり、それに引っ掛かった時の棒ウキの挙動にそっくりでした。ところがおよそ3秒後、海面直下に見えていた棒ウキのトップがスコンッと消し込むのと同時に道糸もろとも引っ手繰るすごいアタリが出ました!!

『うわぁ、スゴイ!いきなり来たな~。やっぱり居た!』走りが強いためレバー操作で道糸を送り、いったん沖に走らせたあとゆっくりやり取りに入りました。確実に40cm超級であろうクロダイの引き。夏クロダイは引きが強い個体が多く、このクロダイもそうでした。

ハリス1.5号が障害物に擦れる感触が何度も伝わりドキドキの連続でした。浮かせたあと安全地帯に誘導して無事にタモ入れ成功!(^^)!検量すると46cm1595gの本命でした!

DSC_0448

小休憩&仕掛け交換して再開すること3投目、同じポイントで棒ウキが一気に入って再びヒット!やはり引きが強く最後まで抵抗したのは43cm1160gのクロダイでした!(^^)!そして15:05にまた棒ウキがスコンと消えて43cm1165gのクロダイがヒットしました!

DSC_0449

15:25に44cm1215g、16:10にはこの日最大の48cm1695gの大きなクロダイも食ってきました!!エサはすべてコーンの5粒掛けです。潮位の上昇に合わせて少しづつウキ止めの位置を深くし、海底に50cm前後這うようにタナを微調整しました。

DSC_0452

ところが、G太郎さんが本格参戦して次なる釣果の期待が大きく膨らんだところでそれまでの夢のような状況が一変してしまいました(+o+)急に上げ潮が速くなり、仕掛けが止まらなくなってしまったのです…。結局その後は二人とも本命からのコンタクトは無いまま日没納竿となりました。

食い気があるクロダイが真昼間のド干潮に食ってくる一方で、期待の上げ潮&夕マヅメは速い潮の流れと高活性のクサフグに翻弄される形になりました。その日の状況によっていつクロダイの活性が上がるのか、いつが食わせやすいのか…。とっても奥が深いクロダイ釣りが大好きです!!次はどこでどんな展開が待っているのか、いまからワクワクしています(*^^*)

【今回の全釣果】
クロダイ48cm1695g、46cm1595g、44cm1215g、43cm1165g、43cm1160g、クサフグ×1匹

【実釣時間】
12:50~18:50

フォローする

TOP