6/5(日) サナギクロダイ釣行記

6/5(日)の早朝、来店された生駒さんといつものように釣り談議で盛り上がっていました♪生駒さんは当店の今年度クロダイランキングで現在トップ、メジナランキングも2位に付けている磯釣りの猛者。メーカー主催の競技会にも積極参戦中です!

『今日、クロダイが出そうな気がするんですよね~』と私。すると、もともとはメジナ狙いでお買い物を始めていた生駒さんがクロダイ用の集魚剤に総取り替え!『自分、今日はメジナじゃなくてクロダイにしますわ~。激荒とアミ、レンジで半解凍お願いします!』と生駒さん。そしてトントン拍子で話が進み、遅番スタッフKに仕事を引き継いだあと私も合流することになりました(^^)/

当日は大潮の中日。私が合流した14時頃はまだ低潮位でぺったんこ。なのですぐには準備せず、暫くは周辺一帯を隈なく観察して回ることにしました。潮位が低い今のうちに、海底の起伏や障害物を記憶しておこうと思ったのです。

するとビックリ、水深80cm程度しかないであろう超浅場で大型のクロダイらしき魚影を発見!!濁っていて目を凝らしてよく見ないと見えないのですがクロダイで間違いないと思いました。『ありゃ~、いた!やっぱりいた!ひょっとしたら別の場所にもいるかも…。』その足でかなり離れた場所に向かうと、やはりそこにも40cm弱のヒラを打つクロダイが見えました。その他30cm前後のアイゴや同サイズのヒガンフグ(アカメ)も2匹~3匹見えました。

事の顛末を速攻で生駒さんに報告しつつ緊急作戦会議開催。結果、朝からポイント作りに精を出していた生駒さんは釣り座移動を決断。そんなこんなで二人仲良く並んで竿を出すことになりました!(^^)!

私の実釣スタートは15:20でした。まずはオキアミで1ヒロ固定の棒ウキ仕掛けを投じてみるといきなり小サバの猛アタック!ウキがぴょこぴょこ沈んだり横っ走りしたり…、とにかく全く落ち着きません!(><)!そこでオキアミは早々に諦め、『サナギ大作戦』を発動することにしました。

すると開始15分後の15:35、生駒さんのソフトな合わせが決まって竿が曲がりました!『これはアイゴかクロダイか、さてどっちだぁ??おっとクロダイのようです!来ました来ました~!!でもサイズはやや小振りかな。』と、生駒さん自身の実況中継付きやり取りでタモに収まったのは32cmのカイズでした!(^^)!聞くとエサは『生イキくんムキミ』とのこと。小サバのアタックを受けても取られににくく、なおかつ食い込みも良いこのエサで本命の口元にエサを届ける作戦は見事でした!!

DSC_0357DSC_0361

一方の私は食い気のあるクロダイが浮上してくることを信じ、底を大きく切ったタナでサナギを流し続けること2時間以上。たま~にフグにかじられる以外本命からのコンタクトがない状態が続いていました。

いつの間にか、私のすぐ横にはウキ釣りに没頭するまだ小学校入学前後と思しき幼い兄弟がいました。その真剣なまなざしを見ていたら、自分の子供時代をふと思い出してしまいました。『自分にもこんな頃があったよなぁ…。とにかく釣りが楽しくて。フグやらベラやら、釣れた魚を全部持ち帰って親を困らせたりしたなぁ。』

そしてなんとかその幼い兄弟にお魚さんを釣らせてあげたいと思いました。コマセを持っていない兄弟のために私のコマセを撒いてあげると、サバやら赤ちゃんメジナ達が大集合!!大喜びの姿がまた微笑ましく、すっかり自分の棒ウキから目を離していました。

ふと見ると私の棒ウキがない!何処にもない!ウキは見えないが竿にアタリが来たわけでもない。根掛りで沈んだのかと一瞬思いましたが、根掛りするようなタナじゃない。訳も分からずリールを巻くとデカい魚が食ってました!!

グングン、ググンと反撃してきてクロダイだと確信。隣の生駒さんがタモを持って駆けつけ掬ってくれたのは47cm1615gの本命クロダイでした(^◇^)この時のエサはサナギの3粒掛け。エサをなるべくデカく見せ、食い気のあるクロダイに猛アピールする作戦が当たりました。真横の幼い兄弟も目をまん丸くして大興奮!その喜ぶ姿がまた嬉しかったです!!

DSC_0356

その後はウキが見えなくなるギリギリまで粘り倒したものの、ず~っとサナギ丸残り状態のまま日没納竿となりました。また近いうちに竿を出そうと思います(^^)/

【今回の私の全釣果】
クロダイ47cm1615g、ゴマサバ15cm級×3匹

【実釣時間】
15:20~19:25

フォローする

TOP