4/20(水) M-1CUPチヌ予選参戦記『後編』

堤防の外向き・内向きが入れ替わりAM9:30に後半戦スタート!私は前半戦の釣り座から10mほど離れた場所の内向きに移動しました。当日は大潮初日、干潮はAM10時過ぎでした。ただ東電堤防やアシカ島周辺は潮流が複雑で、大抵は潮時表よりもかなり早めに潮が変わります。実際当日も前半戦終了直前には潮が反転し始めていました。

内向きの環境は外向きとは全然違いました。切れ藻と大量のクラゲが堤防際に押し寄せられていてかなりやり辛い状態。『参ったな…。でも我慢するしかないか。潮が動いて移動してくれることを祈るしかないなぁ。』そんな心境でした。

後半戦が始まって少し経った頃、私の右隣に釣り座を構えていた埼玉の田中さんの竿が曲がりました!『来たみたいだよ~!』と笑顔の田中さん。安定感抜群のやり取りで取り込んだのは本命のクロダイ!型は35cm級でした。

これで2枚目となるクロダイゲットとなった田中さんが『これから捲りモード入っちゃうよ~!!』と笑顔で宣言(^_-)軽口を言い合いながらの和気あいあいムードがとっても楽しかったです。

その後しばらくはオキアミ瞬殺&コーンや練りエサは無反応のイマイチな時間が続きました。そして近くで竿を出していた室田さんが様子を見に来て喋っていたその時、久しぶりにアタリが出て目標としていた3枚目のクロダイがヒット!!全然気配がない時間帯にいきなり食ってきた感じでした。大会役員の宇佐美さんや隣の田中さんも見守る中、浮上したのは腹が出たクロダイ(40cm)でした!!ヒット時刻はお昼頃、ウキ下は竿2本(海底に這っていたと思います)、この時のエサもコーンとオキアミの抱き合わせです。

その後13時で試合終了。船で大会本部に戻り、検量所に持ち込むと3匹総重量4.51kgでまさかまさかのトップでした!!トーナメントで優勝するのはもちろん初めての経験です。勝ち抜くのは夢のまた夢、別世界だと思っていただけに本当に感無量です。滅多に経験できることではないので、来年5月に開催される広島県・宮島の全国大会も精一杯頑張りたいと思います!!

応援してくださった皆さま、祝福してくださった皆さま、大会関係者の皆さまに深く御礼申し上げます。ありがとうございました。それにしても、表彰式は緊張したなぁ…(^-^;

【今回の全釣果】
クロダイ47cm2050g、42cm、40cm(規定3匹の総重量4.51kg)、尾長メジナ20cm級×1匹、カサゴ×1匹、ササノハベラ×1匹(全釣果)

【今回のコマセ】
チヌパワームギSP×1袋、ナンバー湾チヌ×1袋、活さなぎミンチ激荒×2袋、オキアミ3kg、アミエビ2kg

【今回の付けエサ】
スーパーハードL、くわせコーン、激荒のコーン、食い渋りイエロー、高集魚レッド

14611423902521461137982811

フォローする

TOP