3/15(火) 乗っ込みメジナ釣行記

3/14(月)は真冬に逆戻りしたような冷え込みと本降りの雨…。さすがに磯に突撃する気になれずこの日の釣行は断念しました。

翌3/15(火)、ふと目覚めると時刻は13:40。超熟睡しました。ちょっと寝すぎた感はあるものの、気力体力精神力ともに充填完了!!そしてカップラーメン+おにぎり3個+牛乳500mlを胃袋に流し込み、栄養補給も完了。準備万端いざ出陣となりました!

釣り場に到着し先客の磯師の方にご挨拶すると、なんと当店のお客さまでした!!『あら、落合さんこんにちは!ここでお会いするとは思いませんでした~。』と私。『あれっ、店長だ!!』と驚く落合さんと近況報告などしばし歓談ののち、少し離れた釣り座から竿を出しました。

実釣スタートは15時頃。小潮干潮が15:30頃で、潮位がかなり低く最初の場所ではウキ下1ヒロで根掛かり連発…。落合さんは上げ潮が動き出した時間帯に本命のアタリを捉え、30cmはありそうなメジナをキャッチ!これで俄然やる気が湧くも、私はクサフグ×1匹しか釣れず小移動。深い所で3ヒロ前後あって期待したんですが、潮が効いていない上にウミタナゴが多くて苦戦しました。

その後もう1枚同サイズのメジナを追加した落合さんが日没前に納竿。『お疲れさまでした~♪』とご挨拶をして、私は夜戦に突入(^^)/日が落ちるとウミタナゴは完全に消え、魚っ気自体が消滅しました。しかも上げ潮とともに変なうねりが入って海が荒れ、イメージ通りに仕掛けを流せなくなりました。そこで安全でやりやすい場所へと小移動を繰り返しました。

そして6回の移動を経て最後に落ち着いたのが一番最初の場所でした。先ほどは攻めなかった場所をウキ下2mで流してみると反応あり。電気円錐ウキが沈んで合わせるも2回連続で空振り!そこで3度目のアタリではウキが沈んでから道糸を張って聴いてみると、コンコンッと穂先に反応が出ました!さらに聴き幅を増やすとグ~ンと竿に乗ってヒットしました!

今日初の良型ヒットに心が躍り、慎重に寄せてタモで掬うと思ったより重い!磯に上げてライトを当てるとお腹パンパンの太ったメジナ(36cm885g)でした!(^^)!その後は35cmのメジナや25cmのムラソイも食ってきてまさに時合に入った感じでした。

ところがその時合の最中に一発良型を針はずれでバラシ…。そしてこのバラシがいけなかったのか、アタリはピタリと止んでしまいました。先に上がった落合さんには、『明日も早いんで今日は夜8時頃には上がりま~す。』と宣言していたのですが、気付いたら23:00になっていました(^-^;やっぱり釣りが大好きです!!

【今回の全釣果】
口太メジナ36cm885g、35cm、29cm、26cm、ムラソイ25cm、カサゴ24cm、メバル×4匹、ウミタナゴ×2匹、アナハゼ×1匹、クジメ×1匹、クサフグ×1匹

【実釣時間】
15:00~23:00

DSC_0273 DSC_0270DSC_0271

フォローする

TOP