1/12(火) 寒風磯修行!

1/12(火)はこの冬一番の厳しい寒さに見舞われました。AM7時頃目が覚めて外を見ると、今にも泣き出しそうな鉛色の空。思った以上の寒空に、正直一瞬心がひるみかけました。でもこの日は午前中からフル釣行の予定を立てており、すでにオキアミ2枚6kgは解凍済み。まずは軽く腹ごしらえして突撃準備に入りました。

あまりの寒さに家を出るまではモジモジしていた私。ところがいったん家を出てしまえばウキウキ気分に早変わりするんですから不思議なものです。現場到着はAM8:50、実釣スタートはAM9:20でした。『思ったより寒くないかも。なんかエンジン掛かってきたぞぉ~。巨メジナちゃんいらっしゃ~い!!』と、『新婚さんいらっしゃい』の真似をしながら独り言をブツブツ…。なぜかテンションが高い私でありました(^_-)

ところが幸せな気分だったのはこの時だけ。とにかく全くアタリが出ないのです。生オキアミがたまにフグと思しき魚に齧られるだけでメジナの気配はゼロ。アタリゼロ、アワセもゼロ、完全ボウズ状態のまま13時を回ってしまいました…。

そのうち小雨まで降ってきてノックアウト寸前に追い込まれました。手がかじかんでエサが上手くつけられず、ハリスに結びこぶができても針を結び直すこともままならなくなっていました。何人かいた周辺の釣り人が早じまいする中、私だけ続行を決意!『せっかくだから、とことん粘ってみよう。やれるだけやってダメなら仕方がない。』そんな気持ちでした。

そうこうするうちにウキに反応が出始め、型の良いウミタナゴが掛かるようになりました。魚っ気が出てきたので、メジナも付近にいたと思うのですがヒットには至らずやがて夕暮れ時を迎えました。この時点での釣果はウミタナゴ×3匹、ササノハベラ×2匹のみ。コマセはまだたっぷり残っていたため、厳寒期の夜釣り突入を即決(^^)/何とかメジナの顔を拝むまでは粘り倒す決意でした。

電気ウキを点灯して1時間経過、夜の初アタリは23cm級のムラソイ。その後また1時間空いて2度目のアタリで待望のメジナをキャッチ!!時刻は19:00、実釣開始から約10時間粘って手にした宝物でした!(^^)!サイズは30cmほどでしたが、めちゃくちゃ嬉しい1枚でした!!記念写真を撮ろうと思ったのですが、手がかじかんでスマホ操作ができず撮影は断念。その後さらに1時間半頑張って無反応。ようやく諦めがついた20:30に納竿しました。

11時間一度も座らず休憩なし、持参したご飯やおやつにも手を付けず粘った結果は撃沈でした。すでにもう次回釣行のイメトレ中です♪来週は穏やかな天候の中で竿を振りたいです。

【今回の全釣果】
口太メジナ30cm級×1匹、ムラソイ23cm級×1匹、ウミタナゴ×3匹、ササノハベラ×2匹

【実釣時間】
AM9:20~20:30

フォローする

TOP