12/8(火) 地磯メジナ釣行記

12/8(火)はスタッフKが佐藤さんと一緒にクロダイ釣りに出かけ、私は単独で三浦東部の地磯に出撃しました。前日12/7(月)の釣りを早めに切り上げたこともあり、睡眠時間はたっぷりノンストップ11時間。AM10時の目覚めがいつもより爽快でした(^^)/

用事を済ませて釣り場に向かうと、いつもは必ずと言っていいほど釣り人が入っている人気ポイントがぽっかり空いていました!しかも周辺に誰もいない貸し切り状態。じっくりと時間をかけて釣り座を選びました。

その釣り座は足元少し先にあご状にせり出す沈み根が入っており、その先のエグレを狙いたいところですが、良型魚を掛けた時の取り込みは相当難しそう。そこでまずは足元の壁際と潮下のサラシの壁狙いで13:15に実釣をスタートしました。

仕掛けを入れると予想通り沢山の魚が出てきました。偏光グラス越しに視認できたのは結構な数のウミタナゴ。それから35cm級のアイゴ、20cm級のカワハギがそれぞれ1匹ずつ。時間とともに10cm前後の赤ちゃんメジナの勢力が増してきました。

ウキにコマセを被せ打ちするとボイルオキアミでも瞬殺状態なので、先にコマセを打ってから仕掛けを潮下のサラシの壁付近に投入するようにしていると、スス~っと円錐ウキを引き込む明瞭なアタリがでました!今日一番のアタリに期待して合わせると良型魚がヒット!!偏光グラス越しに見えていたアイゴだろうと最初は思いました。ところが引きがメジナっぽい。少し先のあご状のエグレに突進するのを何とか食い止め、慎重に浮かせるとやっぱりメジナ!『やったやった、かなりデカいぞ!』期待しながら検量すると、目標の40cmには少し届かないながらも大満足の38cm935gでした!(^^)!ヒット時刻は14:30、エサはボイルオキアミの大粒です。

DSC_0112

夕マヅメの16時頃には再びウミタナゴと赤ちゃんメジナの活性が高まってイマイチな展開に…。もともと日没後も2時間位やるつもりだったので、明るいうちに電気円錐ウキ仕掛けへチェンジしました。同時に場を休ませるため15分ほど小休憩。再開すると15分前まであれだけいたエサ取りが完全消滅。ボイルから生オキアミに変えても嘘のように反応が無くなってしまいました。

しかも夜釣りスタート時点で潮流が変わってしまい、イメージ通りに流せなくなっていました。そこでほんの30mほど釣り座を移動してみました。するとそこはやや大きめのサラシが潜り潮を形成し、沖に向かって速いスピードで流れていました。表層流に乗らないように固定仕掛けに変更し、ジンタンを追加。サラシのタイミングを見計らってコマセと仕掛けを入れ、付けエサが先行するように仕掛けを張って流しました。

この作戦変更が当たり、移動後3投目で31cmの口太がヒット!その後も同じ攻め方、同じポイントで35cm前後が連発しました!!17:50、たまたまその時だけサラシが小さくなったタイミングで思い切って磯際ギリギリを流すと電気ウキがボヨ~ンと沈み、今日一番のデカい魚が食い付きました!

ヒット直後はあまり反撃してこなかったのですが、足元に寄せたところで大暴れ!干潮時には完全露出するほど浅い根に向かって突進を繰り返し、痺れるやり取りが続きました。『糸を出したら負ける!』そう思って1mmも出さず竿で矯めているとやがて浮いてきました。ほっと一安心と思ったら、今度はサラシでガチャガチャしていてタモ入れ失敗の連続…。あまりに入らず、そのうちタモを持つ右腕がプルプルしてきて大ピンチ。何とか無事に掬ったときはかなりバテバテでした。良く肥えたメジナで、検量すると43cm1290gもありました!(^^)!

DSC_0113

その後、釣りを再開するとアタリが全く無くなってしまいました。そこで予定よりも少し早い18:30に納竿しました。また来週の磯釣りが今から楽しみで仕方がないです(^^)/さてさてどこに行こうかなぁ♪

【今回の全釣果】
口太メジナ43cm1290g、38cm935g、36cm、35cm(メジナ合計8匹、30cmオーバーは6匹)、ウミタナゴ×2匹、ギンポ×1匹

【実釣時間】
13:15~18:30

DSC_0114

フォローする

TOP