1/28は城ケ島で痛恨のバラシ(>_<)

昨日1/28(火)は友人の一ッ谷さんと一緒に城ケ島の地磯にメジナ狙いで出撃しました。一ッ谷さんは朝から別の場所でクロダイ狙いで竿を出していましたが、折からの南西暴風で敢え無く撤収…。AM10時過ぎに13時間の睡眠から目覚めた私と合流し、暴風の中でのメジナ狙いに付き合ってくれました^^もちろん風向かいの場所は危険なため、普段はまず目もくれないような安全な場所に入磯しました。荒れた時限定の場所ゆえに、外せば玉砕するリスクと隣り合わせ。大型魚の連チャンは期待薄のため、一瞬のチャンスを逃さないようにしようと思っていました。

実釣を開始すると私の場所は予想通り反応は皆無。一方の一ッ谷さんの場所はウミタナゴやフグなどがいるようで、ほぼ毎回アタリもなくエサが取られるとのこと。ほんの少ししか離れていないのに魚の活性がまるで違いました。私は少しでも可能性がある場所を求めて小移動を繰り返すも、16:30までに釣れたのはスレで掛かってきた10cm位のウミタナゴ×1匹と15cm位のベラ×1匹のみ…。同様に一ッ谷さんも苦戦していました。

ところが最後の最後になって急に付けエサの生オキアミが5回連続で取られたりかじられたりしました!『おっ、これはチャンスか!?ひょっとしてエサを替えれば大型が食うかもしれない…。』と思って、急きょ予備で持って来ていて未開封だったマルキュー『くわせオキアミ・半ボイル・Lサイズ』を取り出していざ投入!

半ボイルオキアミを投入すること3度目、答えはすぐに帰ってきました!!16:45、今日初めて明確なアタリがウキに出て、まず30cm位沈んでいったん止まったウキが一気に加速して視界から消えました。アワセを入れるとズドンという大物特有の衝撃の後、一気に竿を絞り込まれました。『ヤバい、これはかなりデカい。1キロとか楽勝で超えてる!』すぐに大型だと分かりました。ところが足元がガチンコの根だらけの場所ゆえに、一瞬やり取りに躊躇した隙にトルク満点の引きで対抗され、絶対の信頼を寄せているサンライン・ブラックストリーム1.75号が弾け飛んでしまいました…(+o+)根ズレではなく、ハリのチモトが切れていました(涙)

わずか数秒の出来事が今でも悔しくて頭から離れません。ハリスを2号にしておけばよかったかなとか、大物を掛けてから取り込むまでの立ち位置や誘導方法を事前にイメージトレーニングしておくべきだったなとか…。ガマンにガマンを重ねてようやく出会えた大物だっただけに顔を拝みたかったです。バラシから学ぶことも多いので、次も頑張りたいと思います!(^^)!

一ッ谷さんの釣行ブログもぜひご覧ください!
http://blog.goo.ne.jp/gure1125

フォローする

TOP