6/18 M-1カップ参戦記

6/18(水)は臨時でお店を休ませて頂き、磯のメジナ釣りトーナメント、マルキューM-1カップに参戦しました!一昨年のがまかつ・G杯グレ以来のトーナメントでしたので、程よい緊張感の中での試合でした。くじ引きの結果、私が渡礁することになったのは中木のカツオ島!!好釣果が期待できる場所に乗れたのはラッキーでしたが、一緒に降りたグループの中で釣り座選択権が最下位だったため、『残り物には福があるハズ!!』と信じて通称『井戸』と呼ばれる場所にバッカンを置きました。

『井戸』は渦を巻くような大ザラシとキツイ根に囲まれたワンド状の場所で、仕掛けの馴染ませ方と掛けた魚の取り込みが難しそうでした。まずは様子見で加工オキアミを入れ込んでみると、なんと付けエサが丸残り!小サバの大群が集まる前に検量サイズを釣ることを目標に頑張ることにしました。ところがその後も、コマセを撒いても小サバはおろかエサ取りの姿すら見えず、想定していたのとは全然違いました(^_^;)小サバ対策として用意していたボイルオキアミなどは結局ほとんど使いませんでした。

左右から押し寄せる大きなサラシに振り回され、回り込んでくる横風に道糸を取られ、本降りの雨で道糸が竿にへばり付いて、仕掛け操作が難しかったです。それでも時々うまく流せるタイミングがあって、大抵はその時に本命のメジナが食って来ました。潮流が下りから上りに転じてからは特に流しやすくなりました。

今回の大会は30cm以上のメジナ3匹の総重量勝負です。AM8:00頃にキープ3匹を揃えてからは大型狙いに徹して勝負したのですが、食いついてくれるのは30cm位の尾長が多く、なかなかサイズアップできませんでした。私の検量結果はメジナ3匹(口太1、尾長2)、総重量1710gで予選敗退でした…。カツオ島グループからは1920gの釣果を上げた方が見事予選を突破されました。おめでとうございます!!

今回は場所によって小サバの濃さが全然違ったようで、小サバに苦戦した知り合いも多かったです。参加者101名のトップ釣果2380gを出したのは、渚釣りにもご一緒させていただいた竹石さん!!また、いつもお世話になっている妹尾さんも予選を勝ち上がり、見事に準決勝進出を果たしました!!次回準決勝もがんばって下さい(^_^)/

【今回の全釣果】
口太メジナ34cm、30cm、30cm未満×4匹
尾長メジナ32cm、32cm、31cm、30cm、30cm未満×2匹
(メジナ合計12匹)
サンノジ41cm、35cm、33cm
タカノハダイ37cm

【今回のコマセ】
・マルキュー『遠投ふかせSP』×1袋
・マルキュー『グレパン』×2/3袋
・当店オリジナル『釣り王SP』×2袋
・オキアミ6kg

大会結果は下記まで!!
http://www2.marukyu.com/taikaike.nsf/

※大会中の雨に打たれてスマホが壊れてしまったので、今回は現場写真なしです。スミマセン…(涙)。

480-1

フォローする

TOP