8/5の釣り

8/5(火)は当店スタッフKと二人でクロダイ狙いで出撃!スタッフKの怪我が完治していないため、足場が良くて南西強風を避けられる安全快適な場所を選びました。私がこの場所で竿を出すのは7年ぶり!根やカケアガリなどの記憶が曖昧になっているので、まずはゴム管オモリで海底状況のリサーチから始めました。相方は自立棒ウキのフカセ釣り、私はカヤウキのダンゴ釣り(コマセを打つ食わせダンゴ釣法)で攻めることにしました。

正午に当店集合、13:30に実釣を開始しました。毎回のようにアタリは出るものの、本命らしい反応がないまま時間が経過しました。底を切ると明確なアタリが多いが小型魚、底に這わせるといくらかエサ持ちが良くなるものの、明確なアタリがないままオキアミが無くなる展開が続きました。

エサをオキアミからコーンに変更して30分後、棒ウキがスコンと消えて合わせるも乗らず!次の投入でも連チャンでスコンと消えて合わせるもまた乗らず!!コーンの明確なアタリはこの2回だけ、本命ではないにしても何が食ったか確かめたかったです。歯形や潰され方はいかにもクロダイっぽかったのですが…。あれだけ明確なアタリで掛からないということは、かなり小さい魚だったのかもしれません。

納竿間際の18:40、ダンゴ釣りでは状況打開は難しいと思いフカセ釣りにチェンジしました。仕掛けを作り直す時間がないため、ダンゴ用のカヤウキのまま強風に乗せて遠投!『夕マヅメで活性が高い魚が食ってくれれば…』との思いが通じたのか、フカセの2投目にウキがシュッと消えました。合わせるとガツンと来たのでスタッフKに『なんか食ったよ~!!結構デカいかも。クロダイっぽいよ~』。首を振る感触が伝わってきたのでてっきりクロダイかと思ったら浮いて来たのは良型の口太メジナ(40cm1030g)でした!

今回は本命不発ながら型の良いメジナが釣れて良かったです(^_^)/ それ以上に嬉しかったのは、スタッフKの怪我が釣りに一緒に行けるまでに回復したことでした。スタッフK自身も釣果はイマイチながら、久しぶりに釣りができて楽しそうでした(^o^)

※8/4(月)の夜釣りは三浦東部地磯へ。ウネリと南西風が強かったため、普段は誰も見向きもしないような超地方寄りの浅場で竿出し。私自身も初めての場所です。結果はクサフグ×7匹、大バラシ×1回でした。夜釣りでは手におえないようなモンスターが、何の前触れもなくいきなり食って来ます!今回も道糸からブッ千切られて何もできず…。応戦時間は2秒ほど、固めに結んでいるウキ止め糸が3m位上にズレていました。何としても正体を確かめたいのでまた近いうちにチャレンジしたいと思います!!エイかもしれないし、違う大物かもしれない。なんだか分からない大勝負も楽しいです!

518-1 518-2

フォローする

TOP