11/18(火)のデカ判クロダイ釣行記

11/18(火)は単独で地磯の夜釣りに出掛けました。前日は正午過ぎから夜10時近くまで休憩なしのノンストップ釣行。ちょと疲れが溜まっていて早い時間からの竿出しは出来ず、実釣開始は17:00にずれ込みました。釣り場に入ると思った以上に北風が強い…。ここ数回の釣行は強風に祟られっぱなしでタフコンディション続き。本当はやや沖の根際や溝の中を攻めたかったんですがこの風では無理なので、仕方なく風の影響を受けにくい足元を中心に釣りを組み立てることにしました。

開始から20分間はアタリゼロでオキアミもそのままでした。そのうちオキアミの頭だけが無くなったりするようになり、試しに小振りのオキアミをハリに刺してみると電気ウキが入って33cmの口太メジナがヒットしました!その後17cmと25cmのカサゴや20cm弱のメバルがポツポツヒットしたところで風向きが北東風に変わり、より一層強く吹きつけるようになりました。

姿勢を低くして風の影響をかわしながら足元周辺を狙っていると、電気ウキが根にへばり付いて20cmほど沈みました。それまで何度か同じところで根掛かりしていたため『また根掛かりかな…』と思いながらソフトに聴き合せしてみるとガツンと来ました!!下方向に鋭く突っ込むスピードとその重量感からモンスターだと確信。今まで何度となくやられてきただけに、今回は何としても姿を拝みたい!願いが通じたのか、やっとの思いで最初の突進を食い止めることに成功しました。それにしてもメジナにしてはかなり重い。『これが本当にメジナだったら記録級のデカ判だ!頼む~バレないでくれ~!』と心の中で念じていました。

突進が止まった隙を突いてゆっくり浮かせにかかり、一度水面近くまで浮上させたところで再度の猛反撃!溝にそって一瞬で潜られヒヤヒヤの攻防が続きました。およそ3分の攻防の末、ようやく寄せ切ることに成功しました。この段階ではまだ真っ暗でモンスターの正体は不明。慎重に釣り座から岩陰に誘導してヘッドライトを点灯させると、現れたのは50cmは優に超えているでっかいクロダイでした!(^^)!無事にタモ入れに成功し急いで検量すると54cm2515gもありました。乗っ込みの時期とはけた違いに引きが強く、スピードもありました。予想外の釣果でしたが、めちゃくちゃ嬉しくて興奮しちゃいました!!

まだまだ地磯の浅場には様々なモンスターがいると思います。まだ見ぬ大物を夢見てまた来週も頑張ります(^_^)/

【今回の全釣果】
クロダイ54cm2515g、口太メジナ33cm、カサゴ25cm&17cm、メバル19cm、18cm

608-1

フォローする

TOP