11/11は久里浜・アシカ島釣行!

11/11(火)は河村さん、Hさん、鈴木さんと一緒に久里浜沖のアシカ島へ渡船で渡りました。11/4に今シーズンのコマセ釣りが解禁されたアシカ島。まだまだシーズン序盤とあってクロダイ、メジナともにパッとした釣果は聞かれないものの、大小入り混じってマダイが釣れているとのことで期待が膨らみました。

渡礁完了後、大先輩の河村さんにまず場所を選んでもらった後、残った3人でジャンケンにて場所決めしました。各々釣り座が決まったところでいざ実釣開始!!実は私、今日の本命はでっかいマダイと心に決めていたため、最初から1号の丸玉オモリを使った重い仕掛けで潮筋の深ダナを直撃する作戦を取りました。実釣開始時は潮がたるんでいましたが、そのうちアシカ名物の速い下げ潮が入ってくると読んでいたのです。しかしこの『重い仕掛け直撃作戦』が大失敗でした…(>_<)待てども待てども潮は流れませんでした。重いオモリ、太いハリス(2.25号)、軸太&大ぶりのハリ(尾長7号)、ウキ止めでしっかり固定されて真っ直ぐぶら下がったオキアミ…私のこの不格好な仕掛けにはベラ以外興味を示してくれませんでした(涙)。もっと早い段階で仕掛けを替えればよかったのに、『いつか必ず時合が来るはず』と信じ込んで自滅してしまいました。根掛かり&高切れで仕掛け交換の際、ようやく軽い仕掛けに替えたものの、立ち位置的に横から吹き付ける北東強風を凌ぐことができず、頭から何発も波しぶきを被って踏ん張った甲斐なく、私自身はまともな釣果を出すことができませんでした。

最初に竿を曲げたのは河村さん。『なんかメジナとかじゃないみたいだよ』と言いながら釣り上げたのは、体高があって脂が乗った良型マアジ!その後河村さんはポツポツ同サイズのマアジを追釣してしっかりお土産をキープしていました。AM8:30頃には鈴木さんのラインが弾き出されて竿が満月に!危なげなく取り込んだのは40.5cm1005gの良型口太メジナでした!『けっこうメジナ、上ずってるみたいですよ』とは鈴木さん。エサ取り乱舞状態の中からしっかり良型を引きずり出しました。

潮がだいぶん下げた昼前後にはHさんの竿がマダイの魚信を2回キャチ!!やや自重があるマイナス浮力の沈むウキを選択し、エサ取りが薄い遠投潮下の深ダナにじっくりと仕掛けを流し込んでラインアタリを捉えました。タモに入ったマダイは綺麗な桜色。のちの検量で46cm1300gありました。『足元から中間距離はエサ取りがひどくて、ド遠投の深ダナを狙ったのが当たったよ!』とはHさん。逆腕のタスキ振りでその距離まで超遠投できる技術と、付けエサのオキアミを吹き飛ばさない技術はさすがだと思いました。

やっぱりいろんな釣り方を間近で見ながら釣りをすると本当に勉強になりますね!!自分自身が釣れなくても、一緒に行った仲間が釣れると我が事のように嬉しくなります。もっと自分自身の釣りの幅を広げられるよう、これからも頑張りたいと思います!!アシカ島はまた近いうちに訪れる予定です。今年の年初には一日に竿を2本も折ってしまって強制終了となったアシカ島。4月には良型クロダイが5枚も釣れたアシカ島。やっぱり釣りはいろんなドラマがあって楽しいですね!(^^)!

【今回の私の全釣果】
口太メジナ20cm級×1匹、ササノハベラ×13匹、ホンベラ×3匹、キュウセン×3匹

602-1 602-2 602-3

フォローする

TOP