5/16(木) 大会延期→三浦地磯へGO!

5/16(木)の午前中、週末に控えていたクロダイ釣り大会(大分県)の荒天延期が決まったと大会本部から連絡が入りました。その前の晩(水曜の夜)にも、『荒天予報が出ていて延期の可能性が高いので、出発せず待機してください。最終決定は明日(木)午前中になりそうです。決まり次第、改めて連絡します。』と電話を頂いており、出発寸前でストップできたのは幸いでした。

一緒に大会に行くことになっていた生駒さんと連絡を取り合うと、『行きます??』『そりゃもちろん突撃ですよねっ!行くしかないでしょう!』こんなやり取りの末、三浦地磯釣行が即決しました♪お互い仕事を休んでしまった以上、『大会延期→三浦地磯へGO!』は必然の帰結なのです!(^^)!

当日の三浦は晴天・弱風の最高の天気でした。しかしなぜか磯は大シケ&ガチャ荒れ!!南海上の梅雨前線からのうねりでしょうか。沖向かいの磯周辺には予想していなかった大ザラシが広がっていました。それを見て荒れ気味の時でも安全に竿が出せる地方寄りのポイントに入りました。

実釣開始はお昼頃。強い当て潮が左前方から押っ付け、足元から出るサラシと潮がぶつかるところには大量の流れ藻が漂流する難しい状況でした。エサ取りはさほどでもないのですが、この当て潮と漂流海藻ゴミが超難敵でした。

しかし、生粋のトーナメンターとして普段から厳しい環境下で研鑽を積んでいる生駒さんは強い!!本当に強いです。愚痴の一つも出ず、いま眼前にある自然環境に抗うことなく、あるがままを受け入れた上で最善手を見出す努力を継続しています。

常にプラス思考で現状打開策を模索し、釣れるイメージを膨らませ続けること。これを事も無げにやっている姿に感動と共感を覚えました。

私もありったけの気合と根性と粘りで対抗しましたが、結果はまたしても大差で完敗でした。

生駒さん…口太メジナ36cm級~25cm級×10匹以上(うち30UPは6匹)
野崎…口太メジナ35cm×1匹、18cm級×1(メジナ合計2匹)

生駒さんとはお店ではくだらな~い話などで盛り上がることも多いですが、いざ釣りとなると真剣に、真面目に、粘り強く。こんな関係性で一緒に釣りができる幸せを感じた一日でした。よ~し、次は負けないぞ~~!!

【今回の私の全釣果】
口太メジナ35cm×1匹、18cm級×1匹(メジナ合計2匹)、アイゴ33cm~30cm級×6匹、ちびカサゴ×1匹

フォローする

TOP