4/3(水) 大会参戦→惨敗でした(._.)

昨日4/3(水)はマルキユー主催のM-1CUPチヌ関東予選(久里浜・東電堤防)に参戦しました!お店は臨時で早朝(深夜かな?)2時に開店。開店前後から、お店の駐車場には出場選手の方々が続々と集結しました!(^^)!

店内はエサ選択・エサ混ぜ・トーナメント談議・作戦会議で超熱気ムンムン!!この雰囲気、大好きなんですよね^^

M-1CUPチヌ関東予選は今回から予選方式が変更になり、セミファイナル(準決勝戦)が設定されました。これまでの一発決勝方式とは違い、上位8名の選手が11月のセミファイナルに進出します。

今1次予選の成績はセミファイナルに持ち越さないため、上位8名に入れば全国大会出場への道が開けます。旧方式より一段と白熱した戦いが繰り広げられるシステム変更に、出場選手の熱気が上がるのは当然でした。

大会受付会場でのくじ引きの結果、私のゼッケンカード番号は12番。渡船第1便で堤防の元側に渡り、内向き(発電所側)スタートに決まりました!!

この時は気持ちが高揚して最高の気分だったのです。目くるめく妄想が頭を駆け巡っていたのです。前夜、偶然にも大きなクロダイが釣れる夢も見ていたのです。イメトレはバッチリのはずでした。

しかし結果は大惨敗でした!(._.)! うんともすんとも言わず全くダメ、ケチョンケチョンでした。クロダイの気配を感じることがないまま、無情にも終了のホイッスルが鳴りました。また出直します!!

気合を入れて豪勢なコマセと付けエサをたんまり用意して釣れた魚は、メバル×2匹、ちびカサゴ×1匹、ササノハベラ×5匹のみ…。攻め方がワンパターンになってしまったことが大きな反省点です。

7月にMFG会員選抜のチヌ予選があるので、そちらにも参戦しようと思っています。次はがんばるぞ~。

※私の斜め後ろで竿を出していた横山さんが開始早々デカい魚を掛けて、選手一同の熱い視線を集めました。ハリス1.5号でギリギリの攻防戦を制して浮上させたのは桜色に輝くでかいマダイでした!!やり取り、カッコよかったなぁ~。

検量対象ではありませんが、こんなデカいマダイも食ってくるんですからすごいです。今回、私自身は全く釣れませんでしたが、35cm近い超デカ判のカワハギを釣った選手もいました。魅惑の東電堤防にまた行こうと思います(^^)/

東電堤防へは、久里浜・夫婦橋(めおとばし)近くの渡船場から、丸清丸(まるせいまる)さんが渡してくれます。(久里浜アシカ島渡船も同船です)。詳しい渡船方法などは当店スタッフまで気軽にお問い合わせください!!

フォローする

TOP