釣行データ【後半4、5回】

掲載が遅れに遅れすみませんm(__)m
11/26と11/28の釣行を振り返りま~す。
※長くなってしまうので、後半4回分を2回に分けて掲載します。

【4】11/26(月)
実釣開始は16:00。真っ暗になるまでの1時間は時折ウミタナゴがアタリを出すだけでメジナの気配はなし。首をかしげながら電気円錐ウキに交換して仕切り直しとなりました。

日没後に迎えた満潮前後は、すぐにでも良型魚が飛び出しそうな最高の雰囲気!!でも期待とは裏腹に魚全体の活性は低いままでした。ようやく出たアタリはいかにもって感じのウキの入り方で超興奮!!しかし上がってきたのはデカいヒガンフグ(._.)終いには岩場なのになぜかひょろ長いアナゴがヒットして波に乗れませんでした。

何事も起きないまま潮位が下がってきて海も凪てきました。このままでは玉砕必至のため、足元中心の近距離戦から遠投作戦に切り替えました。普段の夜釣りではあまりやらない遠投作戦ですが、現状打開には一か八かの賭けが必要だと思ったのです。

結果的にはこれがビンゴでした!!追い風の北東風に乗せて30mほど遠投してみると、作戦変更後間もなく36cmと35cmのメジナや30cm前後のマアジがヒットしました!


一段と潮が引いた21:25、更なる遠投で沖の根の落ち込みをダイレクトに狙っていると、待ちに待ったデカい魚が食い付きました!!最初は根に突進したので巨メジナかと思いましたが、その後一気に右沖の深みに向かって走り、止まったところでゴン、ゴン、ゴクンの首振りが伝わりクロダイを確信。途中の浅い根に巻かれないように慎重に寄せると、うっすらと見えたのはデカいクロダイでした!(^^)!これがあるから磯釣りは最高に楽しいです!!

潮が止まってサラシも消え、『もうダメかなぁ…。そろそろやめようかなぁ。』と思っていたところでの望外の釣果に痺れました~。

【今回の全釣果】
クロダイ50cm1630g、口太メジナ36cm、35cm(メジナ合計4匹)、マアジ31cm頭に5匹、ウミタナゴ×3匹、アイゴ×1匹、アナゴ×1匹、ヒガンフグ33cm

【5】11/28(水)
この日は久しぶりに渚釣りでクロダイを狙いました。仕事が終わってからお店近くの渚に出向くと先釣者の姿が見えました。当店周辺には渚釣りポイントがたくさんあるので釣り座は選びたい放題。今年1月以来竿を出していない釣り場に移動しました。

海水温低下に伴い、渚釣りの難敵クサフグの勢力はかなり落ちており、期待を込めて竿を出しました。しかし結果的には50cmのタモ枠に全く入らないデカいアカエイ×1匹だけで玉砕!!コーン4粒で攻めていた時、棒ウキがス~っと海中に消えて『よっし、来たぞ!!』とアドレナリン噴出しまくりだったのに…。

5kgは軽く超えているであろうエイを無理やり掬おうとしたら、6m玉網の柄が根元部分で固着して万事休す。にっちもさっちも行かなくなって最後は1.5号ハリスを掴んで仕掛けを切りました。事前の期待感が大きかっただけにガックリな結末に帰りの足取りは相当重かったです(涙)。

※後日談…固着したままお店に放置していた玉網の柄は、12/19にスタッフKのお陰で無事にひっこみました!(^^)!

【今回の全釣果】
なし(オデコでした)

フォローする

TOP