11/5(月) 4戦連続の半夜釣り

冬時間営業初日の11/5(月)は、10/15、23、30に続いて4戦連続のナイトフカセに行ってきました!

この日は仕事量がとても多く、朝食兼昼食=初の食事は15時過ぎにずれ込みました。かなり疲れていたため釣行自重が一瞬頭をよぎりましたが、ご飯を食べたら元気完全復活!(^^)!そのまま地磯に飛び出しました。

津久井浜や三浦海岸はべた凪でしたが、現場に着くと思った以上に波が高くて驚きました。第1候補の場所には先行者2名の姿。第2候補は波がかぶって×。第3・4候補の場所も釣り人が入っていて、やむなく駐車スペースから一番遠い波裏ポイントに辿り着きました。

実釣開始は16:50。すでに周囲はかなり薄暗くなっていました。1投目はオキアミが残り、2投目に30cm級のアイゴ。3投目は再びオキアミが残り迎えた4投目。足元やや先7m付近を漂っていたウキが突然消し込みました!!

合わせと同時に磯竿1.5号の胴まで一気に曲がりました!掛った魚はとにかく速くて強い爆走スプリンター!メジナやクロダイとは全く異質。驚くべきスピード感とトルク感がとにかく半端なかったです。周囲は浅い根に囲まれドキドキひやひやの連続。約2分の攻防戦ののちに海面に姿を見せたのは丸々肥えたイナダでした!(^^)!

この時のウキ下は2.7mに設定していました。仕掛けが馴染む前に食ったので、ヒットしたタナは推定2m前後だと思います。

『ひょっとしたら連続ヒットするかも…』そんな期待を抱いてすぐに釣りを再開しましたが、イナダのヒットはこの1度きり。前にも後にもナブラは出ておらず、コマセに群がるイワシや小アジなどのベイトも視認できませんでした。

そして周囲が完全に暗くなると超食い渋りモードへ…。本命のメジナだけでなく、フグもタナゴもアジもな~んにも食いません。サラシ・潮流ともにかなり良い感じなのに、なぜかアタリはほとんど出ませんでした。

22時、この時点の釣果は順にアイゴ→イナダ→ササノハベラ→足裏メジナ→小カサゴのみ。コマセはほぼ底をつきました。大潮干潮時刻が迫り海もぺったんこ。ふつうはこの時点でやめると思うんですが、この時の私は予備コマセ投入&延長戦を決断(^^)/。未開封のグレ用配合エサを取り出し、鼻歌交じりでコマセを作り直したときはなんだか幸せでした♪

釣り座を4か所移動して最後に辿り着いたのはもともと第1候補だった場所。先行者の2人はかなり前に釣りを切り上げていました。そして結果的にこの場所移動が大吉でした。

まずはやや沖の大きな沈み根周りで25cm級の中アジが4匹。続いて足元のヘチ際狙いで電気ウキがボヨ~ンと入って待望の良型魚がヒット!!足元のエグレに突進したので、腰を落として穂先を海中に突っ込んで矯め切ると、やがて浮いてきたのは良型メジナっぽいシルエット。タモで掬って確認するとやっぱりメジナでした!!

続けざまに33cmと32cmのメジナが約10分間隔で2連発。誰も居ない一人ぼっちの夜磯で小躍りして喜びました(^^♪

今回は最初と最後にドラマがありました。いつ来るか分からない良型魚との遭遇を夢見てまた次回も磯に繰り出そうと思います!

【今回の全釣果】
口太メジナ40cm1080g、33cm、32cm(口太合計6匹)、イナダ47cm1135g、中アジ×4匹、カサゴ×1匹、アイゴ×1匹、ササノハベラ×1匹、アカメフグ×1匹

フォローする

TOP