2/13(火) 渚リベンジ釣行記

3連休明けの2/13(火)は早朝4:00~11:00まで営業したあと、単独で渚釣りに行ってきました!向かったのは前週2/7(水)にニジマスみたいな魚が釣れた砂浜です。その時は6人で竿を出し、全体でクロダイ釣果ゼロ(バラシ1)に終わってしまい、リベンジ釣行を心に誓っていたのです。

今回は15:20頃に満潮を迎える潮回りで前回とは逆潮。渚釣りは釣り場の水深がごく浅いため、どちらかと言えば潮位が高い時間帯の方が有利な気がします。過去の釣果実績では干潮回り3割、満潮回り7割、ザックリこんな感じでしょうか。ただ、満潮狙いで竿を出すことが多いので、データが偏っているだけかもしれません。

実釣開始は13:15。前回2/7は最初から最後まで付けエサが残りっぱなしでしたが、この日は違いました。開始直後こそオキアミが残りましたが、その後はオキアミが残らなくなりました。

魚っ気があるのは正直かなり嬉しいです!(^^)! しかしどうにもこうにもアタリが出ないのが悔しいところ…。海底への這わせ幅が長すぎるのが原因かと思い、60cm這わせから20cm這わせに詰めても変化ナシ…。底トントン~15cm底切りまでさらに詰めるもやはりアタリ無く付けエサのオキアミが取られる状況でした。

ウキ下の設定に迷いつつスタート時の60cm這わせに戻して数投後、やや大きめの寄せ波に道糸を食われて棒ウキが引っ張られ、ス~っと沈みました。しかし引き波に変わっても棒ウキは浮上しません。根掛かりするポイントではないため、アタリと判断してリールで糸ふけを取りながら巻き合わせるとゴンッと来ました!!

このクロダイは引きが強烈でレバーで道糸を送りながら応戦!波打ち際にズリ上げるとき、寄せ波とズリ上げのタイミングが合わず、引き波で引っ張り合ってしまい冷や汗をかきました。エサは生オキアミ、ヒット距離は20m位、ハリスは1.5号です。

※せっかくバケツの海水で綺麗にしてからメジャーに当てたのに、飛び跳ねて砂衣がたっぷり付いてしまいました(^^ゞ次はもう1回水浴びさせてから写真を撮りま~す!!

その後の連チャンに期待が高まるも、追釣は叶いませんでした。満潮潮止まりから下げに転じて以降は真逆の展開。15時半以降はオキアミ完全丸残りが日没納竿まで続きました。

4年前は3月~4月にかけて渚の大型クロダイ釣果が急伸しました。今春の乗っ込み最盛期が本当に待ち遠しいです!!

【今回の全釣果】
クロダイ45cm1775g

【実釣時間】
13:15~17:15

フォローする

TOP