12/26(火) 渚クロダイ釣行記

定休日返上で年末年始の連続営業に突入した12/26(火)、スタッフKにお店の運営を引き継いだあと、久しぶりに渚釣りでクロダイを狙ってみました!

渚釣りと言えば2014年早春~ゴールデンウィークの猛ラッシュを思い出します。当店周辺に10km以上に渡って続く砂浜の至るところでクロダイが出ました。釣れるのはほぼ40cm超級の良型揃い。2kg超級の大型も珍しくなく、しかもそのサイズが短時間で連発することもままありました。人生初の大型クロダイを手にされたお客さまも多く、まさに目からウロコ・灯台下暗しでした。

今年は数年ぶりにその時の状況に酷似しています。『時期的にまだ少し早いかな…』そんな不安を抱きつつ、あの渚クロダイラッシュの爆発力を体感した一人として、その再来を待ち侘びる思いもあり調査に乗り出したのが今回の釣行です。

実釣開始はAM11:40。ここ数年まともな釣果が出ておらず事前情報はもちろんありません。クロダイ狙いの釣り人もほぼ居ない砂浜でゴム管付きの1号鉛で丹念に水深計測すること約5分。砂地の海底は数年前の記憶と違わずほぼフラットで、波打ち際から20m沖の水深は約1.5m。澄み潮時や干潮時に明確に視認できる根があり、その根際が最高のポイントです。

海水温は14℃台で推移しており、予想通り生命反応なし&オキアミそっくりそのまま丸残り!外せば玉砕グリグリボウズの一発勝負の結果は如何に…。

開始から30分が経過した正午過ぎ、今日初めて棒ウキが入って良型魚ヒット!!直後に『ガンッ、ゴクン、ゴクン』とクロダイ特有の首振りシグナルが出ました!超興奮状態でドキドキしながら寄せると、波打ち際でクロダイを確認。砂浜にずり上げたのは46cm1895gの丸々肥えた本命でした!

その後、クロダイと思しき明確なアタリが2回出るも早合わせでヒットせず。ここで合わせのタイミング変え、棒ウキが海中に没して3秒待って合わせる遅合わせ作戦に変更するとこれがビンゴ!12:40に48cm1640g、12:45に43cm1515gのクロダイが2投連続ヒットしました!(^^)!

その後まさかの腹痛に見舞われ、脂汗を流しながら無念の早上がりとなってしまいましたが、渚クロダイ復活を予感させる釣果が出て本当に嬉しかったです。未開拓な部分が多い渚釣り。他魚はほとんど釣れず、アタリが出れば良型クロダイほぼ確定というところが最大の魅力かもしれません。数年ぶりの渚ラッシュの予感を胸に抱きつつ、また新たな場所で竿を出そうと思います(^^)/

【今回の全釣果】
クロダイ48cm1640g、46cm1895g、43cm1515g

【実釣時間】
11:40~15:10

フォローする

TOP