12/19(火) クロダイ狙いで3枚!

12/19(火)は年内最後の店休日。早朝から日没まで目一杯竿を振る予定を立てて数日前からワクワクソワソワしていました(^_-) がしかしそういう時に限って仕事が押し気味…。年末年始商材の発注業務に手間取ってしまい、本来月曜日中に終わらせる仕事が店休日の火曜日朝にズレ込んだのでありました。

火曜日の朝7時過ぎから残りの発注業務を終わらせ、釣り場に到着したのがAM11時。事前情報が全くない場所でクロダイ一発勝負に挑むことにしました。今回はマルキユーの『白チヌ』をベースに、『サナギミンチ激荒』×2枚、お店オリジナルの『釣り王スペシャル』2袋+オキアミ3kg、アミエビ1kgを練り込み、白色系・高比重・高粘度・高集魚のスペシャルコマセに仕上げました。

半年以上ほぼコマセが入っていないであろうノーマークの場所で果たして本命の釣果が出るかどうか…。私自身はこういう玉砕ありありのハイリスク釣行に何故か強烈に惹きつけられます。男のロマンを感じるんですよね~。

しかしこの日は西風が強かった…。立ち位置的に左斜め前方からの向かい風となって吹き付ける西強風に、時に両手でチヌ竿を押さえながら辛抱。実釣開始から1時間が経った12:15の段階でアタリゼロ、合わせゼロ、釣果ゼロ、オキアミ完全残りの状態でした。

『いやぁ、こりゃかなりのタフコンディションだ。正直きついな…。』早々に撤退&場所移動が頭をよぎり始めていた12:20、何の前触れもなくその時はやってきました!風に煽られ斜めに傾きながら表層を押し流されていた棒ウキ(遠矢DP300-10・浮力0)が、今までとは違った角度でトップ半分だけ沈んでストップ。2秒待っても入らないため半信半疑で渾身の鬼合わせ=今日初の合わせを入れるとガツンとヒットしました!!

首を振る感触やそのトルク感から良型のクロダイを確信。根に沿って逃げ回るのを慎重に対処しつつ、水面でギラリとヒラを打つその姿を目にしたときは本当に感無量でした!(^^)!

『やった、やった~!!やっぱり居た!!』喜び弾んで検量&激写を終え釣りを再開すると、更なるドラマが待っていました。再開1投目で今度はシュポっとウキが消えてクロダイが連チャンしたのです!!

これがあるから釣りは楽しいです♪自分の力では抗えない自然環境の中で、過去の経験をフル稼働して試行錯誤を繰り返し、そして我慢を重ねた末に手にする宝物。本当に何物にも代えがたいです。

13時以降はフグが少し出てきたため、『確実にハリにエサが残っている』ということを最優先して激荒のコーンとオキアミの抱き合わせ作戦にスイッチ。そして25mほど遠投して流していると、また棒ウキのトップ半分だけシモる微妙なアタリで3枚目のクロダイが食ってくれました!このクロダイは丸っこい魚体でこの日一番引きが強かったです。

その後さらに風が強まり、潮位の上昇とともにうねりも入り始めたため、安全を優先して14:50に納竿しました。今後また改めてじっくり竿を出そうと思います(^^)/

【今回の全釣果】
クロダイ46cm1515g、43cm1470g、40cm1065g、ヒガンフグ×2匹、クサフグ×1匹

【実釣時間】
11:15~14:50

フォローする

TOP