4/12(水) 時化模様の磯釣り

今週月曜、火曜は釣りに行けなかったこともあり、昨日4/12(水)はシフトを組み替えて私は早上がり♪その足で南部地磯に突撃しました(^^)/ 

大潮ど干潮直前のAM10:50に釣り場を一望できる高台に到着。煙草を一服しながら5分ほど海の様子を観察していると、干潮にもかかわらず周辺の磯場には時折大きなうねりが入り、沖に面した釣り座周辺の岩場は濡れていました。

そこでこんな日並に大化けする可能性が高いワンド奥の安全な釣り座に入り準備完了!AM11:15に実釣をスタートしました。凪日和にこの釣り座で竿を出す釣り人の姿を見かけることはまずありません。しかし過去の釣行を振り返ると、今日のような時化模様の海況で2回竿を出して2回とも良型魚の釣果に与っていることもあり、期待を胸に抱きながら仕掛けを振り込みました。

1投目でササノハベラ、2投目で33cm級のアイゴがヒットし、魚の反応は上々!3投目以降は生&加工オキアミだとエサがすぐに取られるものの、ボイルオキアミでコマセの中心を外すとエサの一部や芯が残ってくる状況でした。

上げ潮が効きだすと穏やかなワンド奥のこの釣り場もガチャガチャし始めました。すると状況が一変!久しぶりにウキを沈めて穂先と道糸でアタリを取っていると、道糸がスッと走って32cm級の口太が元気なアタリを出してくれました!そのすぐあとの12:40、竿ごと引っ手繰るようなアタリで34cmの口太メジナも連続ヒット!中型以上のメジナがサラシのヨレ、水深2ヒロ~2ヒロ半位のところでエサを拾っているイメージが掴めました。

DSC_0251

『こりゃ、夕方の満潮前後はかなり期待できそうだぞ!!一発デカ判のチャンスあるかも…。』そんな期待と妄想が極限まで膨らんでいました。

13:10、携帯にTさんから着信があり電話で話していたその時、いきなりオープンベールのリールから道糸がブリブリっと出てなかなかのサイズの魚がヒット!!慌てふためいて電話を切り、ごり巻き気味に無理やり取り込んだのは37cm950gの肥えたメジナでした!

DSC_0253

駐車場で私の車を見つけたTさんが居場所を探すべく電話をくれたのですが、その後無事に合流して仲良く並んで竿出し♪直前までメジナのアタリが連発していたこともあって、夕方の満潮に向けていやが上にもボルテージが上がる二人でした。

しかしそう上手くは行かないものですね…。その後は二人揃ってぜ~んぜんダメ!オキアミが目玉ごとそっくりそのまま戻り続け、オキアミのムキミにも反応してくれないのです。Tさんはたまにエサが取られるようでしたが私はサッパリでした。

『あれぇ、なんで~??う~ん、困ったぞ。おかしいな。さっきまでと全然違う海になっちゃったよ…。』手を替え品を替え頑張ってみましたが、その努力が報われることなく、無情にも時間だけが流れていきました(:_;)

日没納竿が近づいた17:55、ダメダメな状況を打開したのはやはりTさん(つい先日の4/3、今年のクロダイランキング1位を更新する2515gの年無クロダイを私の横で釣り上げてます!)。軟調子ロッドを満月に曲げて取り込んだのは36cm920gの腹が出た口太メジナでした。

DSC_0255

この釣果で夕マヅメの一発に期待が高まるも、この日はそれ以上の釣果は出ませんでした。今回の場所には必ずデカいのが潜んでいると思います。また似たような海況の時に再チャレしようと心に刻んで釣り場を後にしました。

帰り際に駐車場で何人かのお客さまにお会いして情報交換すると、釣り場によって魚の種類・釣果・活性が上がった時間帯が全然違いました。夕方にかけて40cm超級を筆頭に良型メジナが数出たお話もあれば、『潮が上げて来たらデカいアイゴ連発でした!』とのぼやき節も…。場所ムラがかなり大きい一日だったと思います。

【今回の私の全釣果】
口太メジナ37cm950g、34cm(メジナ合計5匹、最少は30cm)、アイゴ33cm級×1匹、ちびメバル×1匹、ササノハベラ×1匹

【私の実釣時間】
11:15~18:25

フォローする

TOP