秋の夜長に想うこと

こんばんは~

『今日はちょっと冷えますね~』そんなご挨拶が最近ぐっと増えました。すっかり深まった秋の夜長、最近の私の日課は5年前の創業当時に読み漁った起業関連の膨大な書籍類の読み直しです。

もともと外交や営業販売、交渉事は好きでしたし割と得意な方でした。一方で経理事務や総務的な仕事、パソコンと向き合うデスクワークは不得手でした。多くの書籍には創業者=社長は一人十役・何でも屋・スペシャリスト兼ゼネラリストであるべし…などと書いてありました。

『気合と根性と粘りがあれば何とかなるさ』当初はそう軽く考えていましたが、実際はかなりの困難と苦難と挫折の連続でありました。

想定すらしていない問題が生じたり、今まで経験したことがない事態に遭遇したりと、全責任を負って瞬間的な判断を下さねばならない毎日は想像の範囲を超えていました。敷かれたレールの上を歩むのではなく、自身で未開の大地を開墾しレールを敷設する毎日は、一方で刺激的でありアドベンチャーでもありました。

今、手垢まみれの書籍を読み直し初心に帰っています。慣れほど怖いものはないと思っています。いつも最高の状態でお客さまに喜んでいただけるよう、次なる5か年中期計画を策定中です。これからも全力で頑張りますので、今後ともご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます!!

フォローする

TOP