11/16(水)と17(木)は2夜連続の半夜釣行

 11/16(水)と17(木)、2日続けて半夜釣りに行ってきました。
 1日目は夕方仕事を終えた後、磯に直行しました。狙いは海底に激しい起伏がある水深2~5mのシャローエリアです。この日は大潮4日目で満潮時刻は17:30頃。秋の潮なので夜は一気に潮が引いてしまいます。シャロー狙いのため半夜釣りとはいえ、勝負は最初の2時間半くらい。現場に到着後急いで準備をして18:00前に実釣を開始しました。
 1投目、足元に仕掛けを入れると、すぐにウキが入りました。元気よく動き回って上がってきたのは28cmの口太。いきなりメジナが釣れたので今日は期待できるかもと思っていたらその後はクサフグとアカメフグの猛攻(><)。針とハリスの結び直しに時間を取られて1時間が経過しました。
 そして19:00過ぎ、少し潮が引いたところで溝を2箇所渡って磯の先端の本命ポイントに移動しました。15m沖にある根の左側を狙っていきます。風は左から吹き、潮は右から左に流れています。若干潮の流れが勝っているため根際に投入しても少しずつポイントから仕掛けが離れてしまいます。ウネリのタイミングをみて仕掛けの投入繰り返していくと、4~5投に1回くらいの割合である程度の時間、仕掛けが根際に留まってくれます。そうするとアタリが出て小さいながらもメジナが掛かり始めました。まずは25cm。次は少し強い引き♪ 30cm台半くらいのまずまずサイズだな~と思っていたら手前の沈み根の存在を忘れていて根ズレでラインブレイク(泣)。
 20:00を回った頃にやっと32cmが釣れました。
dsc_0006
この頃になると潮がだいぶ引いてきて周囲の岩盤があちこち露出し始めてきました。チャンスタイムは残り僅か。潮位に合わせてウキ下を80cmに設定して仕掛けを入れると数投目にウキがしもりました。アワセを入れると重量感ばっちり(^^)。シャロー帯で根際のヒットのため腕を上に伸ばし竿を真っ直ぐ立ててファーストランを耐えきりました。
dsc_0009
上がってきたのはクロダイ44cm1295g。今秋の磯はクロダイがよく釣れますね。
その後も少しやりましたが、潮がすっかり引いてしまい魚の気配もなくなったため、1日目は22:30に納竿しました。
 
 そして2日目。この日は前日とは違って少し水深のあるポイントで竿を出しました。明るいうちに地形をじっくり観察して実釣開始は17:00になりました。この日の狙いはサラシの下にある溝です。1投目、サラシの切れ目から仕掛けを流して行くといきなりウキが横に走ります。仕掛けを回収するとハリスが半分以下の長さに・・・。フグの仕業です。ハリスを交換して1投目、先ほどと同じ所でウキに少し反応が出ますが食い込みません。またフグのような気がしたので、次はサラシが落ち着く頃合いを見計らってさらに壁際に仕掛けを入れてみました。すると前2投と同じように左から右へと仕掛けが流されたものの先ほどよりも1.5mくらい左側でウキに反応が出ました。ある程度沈んだところで合わせを入れるとガツンとした手応え。エグレに逃げ込もうとする魚の引きをこらえて慎重に寄せました。上がってきたのは42cm985gの口太メジナ。スリムな体型でしたが鋭い引きで楽しませてくれました(^^)
dsc_0014
開始3投以内での40cmオーバーは初体験。ここで運を使い果たしたのかこの後はエサが丸残り状態が延々と続きました。タナを小刻みに変えたり、場所を転々と変えても状況に変化はなく、納竿間際29cmのメジナと23cmのカサゴを追加したのみで2日目は終わりました。
 数こそ出ませんでしたが、型のいいクロダイとメジナに出会えて楽しい2日間でした。今度は干満の差が小さな潮回りの時にシャローエリアを狙ってみたいと思います!。

フォローする

TOP