シマノジャパンカップ参加記

5/13(金)は南伊豆の入間・中木で行われたシマノ主催のジャパンカップグレの東海地区予選に参加してきました。会場の入間港に到着するとすぐ近くにいつも笑顔の田中さん。『おはようございます!』と挨拶を交わして早速受付のテントに向かいました。
1463381430751
 
釣り場の抽選の結果、今日のゼッケンは15番。
1463381452133
1463381440188
日吉丸の第2便となりました。
 
6:00過ぎに釣り場に向けて出船。小さい離れ磯に2人ずつ降ろした後私たち残り7人は追手と地方寄りの磯に渡りました。
まずは釣り座選択です。太陽が背後の崖で遮断されてしばらくは薄暗い状態で釣りができそうと考えて前半は深場を狙うのではなくゴロタ石がいくつも海中に沈んでいるシャローエリアをあえて狙うことにしました。
7:15、釣り座交代の10:15までの前半戦がスタートしました。1投目からいきなりフグ。その後もフグの猛攻を受けます。そして小サバ登場。しかししばらくやっているとコマセで分離できることに気付きました。するとベラ連発。エサは下層まで届いていると思いながら釣っているとウキが走りました! ですが空振り。『メジナだったなあ』と天を仰ぐと太陽が昇ってきておりポイントが明るくなるまで残り僅かに迫っていました。
 
そして完全に日が昇って少しした頃ウキがしもりました。アワセも決まって力強いメジナの引き! 上がってきたのは37cmの口太でした。とりあえず今回の目標だった検量サイズ1枚を達成。ホッと胸をなでおろして追加を狙っていると35cmくらいのメジナが複数見えました。それを狙うつもりで釣っているとウキが勢いよく沈んだものの良型のイサキ。ここで前半戦終了です。
10:15、メジナも見えるしイサキも出たことで浅くても釣れるかもと後半も同じ場所を選択しました。しかしこれが今回最大の失敗。足下も沖も検量サイズのメジナっぽいアタリは出せず、結局後半戦はブダイと小さい尾長4匹で時間切れとなりました(><)。
 
最後は港に戻って検量です。およそ140名の参加者の中優勝したのは私と同じ日吉丸第2便の室田さん。5匹の総重量5キロに迫る凄い釣果でした。室田さんは先月行われたM-1カップチヌ久里浜予選にも出場していてその時の店長釣行記にも少し登場しています。全国大会にも出場歴があるフカセ釣りのエキスパートです。そして3位は当店のお客様の堀田さん。こちらも若手ながら全国大会出場歴のある凄腕釣り師です。お二人とも準決勝頑張ってください!
1463381417305
 
今回の大会は参加選手のほとんどが検量サイズを持ち込み本当にレベルの高い大会でした。自分自身はしょぼしょぼの釣果に終わりましたが、普段行くことがあまりない磯で竿が出せてスカッとした釣りができました。次こそ頑張るぞ(^^)。
 

フォローする

TOP