1/26(火)はクロダイ狙いでした!

1/26(火)、好調続くクロダイ釣りに行ってきました。
現地に到着したのは10:00過ぎ。クロダイはコマセの出来が釣果を大きく左右すると感じているのでコマセ作りには時間を掛けます。オキアミ、サナギミンチ、配合エサ等をしっかりと混ぜ合わせ、最後は素手で練り込んで総仕上げ。気が付くと時間は11:00になっていました。

実釣開始は11:15。この場所はお昼過ぎからクロダイの反応が出始めることが多いので、最初はコマセを多めに撒いてポイントを作っていきます。釣り始めから2時間弱はエサ取りも少なくたまにオキアミの頭が齧られる程度でした。

そして13:00、初めて棒ウキに反応が出て1メモリ入りました。しかしすぐに浮上。少し待ってから回収してみると付け餌が半分取られています。次の投入でも同じようなウキの挙動が出たもののやっぱりそれ以上は食い込みません。そこで食い込み重視で小さめのオキアミを付けてみました。すると仕掛けが馴染んだ頃にウキがこれまで以上に深く入りました! この日1枚目のクロダイは40cm1090g。ハリは上唇の皮1枚に掛かっていました。DSC_1127

『小さいエサが正解なのかなぁ』と思ったのも束の間、その後は沈黙してしまいました。

しばらく間を置いた15:25、今度も渋いアタリで43cm1330g。
DSC_1129

この頃から風の影響で仕掛けが右から左に流され始めました。数投すると仕掛けが止まる場所を見つけ、そこをしつこく攻めていると今度はウキがスパッと沈んで46cm1600g。
DSC_1134

さらに、同じ場所に留まっていたウキに変化が出ないので誘いを入れてみると、気持ち良くウキが沈んでくれて41cm1290g。DSC_1131

そして17:20、日が落ちてウキも完全に見えなくなったためこれで納竿と仕掛け回収を始めたら、ジヮ〜と重量感。慌てて竿を立てるもゴンと首振り一発で針外れ。それならばもう1投とバッカンの中に残っていた少量のコマセを掻き集めてドカ撒きして仕掛けを遠投しました。ウキは見えないので穂先に集中してアタリを待ちます。付け餌を少し踊らせてからゆらゆらと落とすイメージで誘い続けているといきなり穂先が持っていかれました。この日最後のクロダイは41cm1085gでした。DSC_1136

最後の1投は根掛かりしたり高切れしたりで痛い目を見て後悔することが殆どなのですが、今回は気持ちよく終わることができました(^^)。

【全釣果】クロダイ5枚(40~46cm1600g)

フォローする

TOP