9/24(木)の夜釣り

一昨日9/24(木)、半夜釣りに行ってきました。

今回竿を出したのは有名メジナ・クロダイポイントに近接するシャロー帯中心の地磯です。メバルのルアー釣りでは何度も訪れたことはあるもののフカセでは初めて。大きな期待と少しの不安を抱きつつ明るいうちにじっくりと地形を観察しました。

実釣開始は17:00。まずは潮通しは今一つながらも日が落ちたらメジナが入ってきそうな手前のポイントから攻めてみます。0ウキにノーシンカー仕掛けで付け餌を沈めていった1投目、ゆっくりとウキが入りました。上がってきたのはアイゴ。そして4投目もアイゴ。『アイゴが釣れるなら暗くなればメジナも行けるでしょ』と思って一旦このポイントは温存して、次は潮通しが少し良さそうな先端部に移動しました。

電気ウキに交換して夜釣りスタート。ここでもファーストフィッシュはアイゴ。そして日が完全に落ちてからは付け餌がそのまま戻ってくる状態がしばらく続きました。『そろそろコマセが効き始めるかなあ』と思って磯際を流していた18:30、仕掛けを回収するとハリがありません。『とにかく初場所。魚が回ってきた』とここも前向きに考えてフグがいた磯際から2メートル離して仕掛けを投入。するとすぐにウキに反応が出てこの日最初のメジナが釣れました。30cmに満たないサイズですがこれで不安は払拭。リリースして『次はサイズアップ!』と続行すると今度は32cm。以降もメジナの反応が良く、投入ごとにウキに反応がある状態が続いて30cm前後が連続して釣れました。

そして19:00前、電気ウキがもわ~っと海中へ。合わせてみるとすぐに足元まで寄ってきます。『30ちょいのメジナかな~』と思っているとここから大暴れ。耐えていると雨雲の合間から出た月明かりに照らされた水面で一瞬白いお腹がチラリと見えました(^^)。 タモに収まったのは久しぶりのクロダイ41cm985gでした。検量と写真撮影を終えて仕掛けを入れるとまたもやウキがピシューっと入りました。魚は沖に向かって猛ダッシュ。何とか凌ぐとあとはスイスイと寄ってきてタモ入れ完了。39cmのメジナでした。『このまま続いたら凄いことになるなあ』と甘く考えていたらその後はアイゴに小さいサメが連続ヒット。そこからそれまでの高活性が嘘のようにパタリとアタリが止まって長く沈黙してしまいました。

上げ潮が入り始めた21:00に30cmのメジナが釣れるも単発。コマセの残りも僅かになったので最初のアイゴ連発のポイントに戻りました。1投目、ウキに少し反応が出てエサ取られました。メジナのような気がしたので次も同じ場所へ投入。すると今度はウキがしっかり沈んで36cm。10分後に32cm追釣してここでコマセ切れで納竿しました。

この日攻めたポイントは水深2.5~3メートルでウキ下は1ヒロ前後でした。9月に入ってからハリ外れや根に潜られたりでバラシ連発でしたが、これですっきりできましたよ~(^^)/

【全釣果】クロダイ41cm985g、口太メジナ39cm、36cm、28~32cm×5匹、アイゴ5匹、サメ1匹

1443135144143_thump1443135203492_thump

フォローする

TOP