11/11にメジナ釣りに行ってきました!

11/11(火)に三浦の地磯でメジナ狙ってきました。ここ最近の釣行は、アイゴ地獄、良型メジナのバラシに前回は穂先折れとダメダメ続きなので、今回は何とか良型メジナを釣りたく半夜まで頑張りました。今回入った場所は、沖に大きな島、目の前に水道、手前は沖に向かってなだらかにかけ下がり、その先で少し深くなります。その落ち込み付近をメインに狙いました。
実釣開始は14:00。コマセを撒いて潮の流れを確認するとわずかに左から右に流れてました。右のサラシの先にできる潜り潮を利用してその下で食わせるイメージで仕掛けを流してみるとまずはベラが連発。仕掛けが磯際に寄り過ぎと思い少し離して流すと手のひらサイズながらもこの日初めてのメジナが釣れました。その後も同サイズが連発。サイズアップを図ろうと仕掛の投入点、投入のタイミングを少しずつ変えたり、仕掛けをいじってみるものの掛かる魚は手のひらサイズばかり。小物釣りも楽しくて好きなんですが今日の目標は良型メジナ、このままでは終われません。ところが、16:00過ぎになるとサヨリの大群が登場。日が暮れるまで付けエサ瞬殺状態が続いて昼の部終了となりました。
17:00、電気ウキに交換して一発デカバン狙いの夜の部スタート。コマセは少なめに撒いて足下の落ち込み際に狙いを定めて仕掛けを沈めて行きます。程なくしてウキがいきなり横に走ってアジが掛かりましたが、抜き上げ時にぽっちゃん。うーん、前回も落ちちゃたんです。大好きな酒の肴が・・・。
そして潮止まりを挟んだ18:30頃、電気ウキがモワァーと沈んだため少しハリを入れて穂先で効いてみるとかすかにコンコン。そこで巻き合わせると乗った! ランディングしたのは31cmの口太メジナでした。実は暗い時間にメジナを釣ったのはこれが初めて。夜の部としては微妙なサイズでしたがとても嬉しかったです(笑)。
その後はフグのアタリが数回あるだけで長く沈黙が続きました。そこで少し場所移動。しかしながら状況打破とは行かずに30分で元の場所へ。仕掛けを入れると潮がトロトロと動いている。「チャンスかな~。」と思っていると3流し目にサイズアップの35cm。さらに右のサラシの切れ目にある溝に流していると2投目にウキが入りました。効き合わせるといきなり横っ走り。そのまま一気に根に張り付かれて結局はハリス切れでした。ショックと自己嫌悪を引きずったままさらに頑張りましたが、21:00、最後は高切れをきっかけに納竿としました。
もう少し大きいサイズを釣りたかったんですが、夜も釣れるイメージができたので結果的にはいい釣りでした。来週も頑張りますよ~(^_^)/

17-1

フォローする

TOP