6/21(木)のフカセ釣りは最後に逆転!

先週6/21(木)は午後から夜までフカセ釣りをしてきました。
梅雨前線の影響で前日からまとまった雨が降り、潮の色は悪く、おまけに南西強風で海はかなりのうねりが残っていました。荒れた海が好きな私でも二の足を踏んでしまうほどでしたが、嵌れば爆釣もありうる状況でしたので、風裏、波裏の安全な場所で一か八か竿を出してみました。

数日前まで回遊情報のあった青物用の太めのフカセ仕掛けとメジナ・クロダイ用の通常のフカセ仕掛けの2本の竿を用意して14:00頃から実釣を開始しました。ところが、明るい時間は青物、メジナ、クロダイどころかスズメダイやクサフグ、小サバ等のエサ取りすら少なくアタリはほぼ無し。目視できる範囲はもちろん遠投したり深いタナを探ってもフグらしい魚にたまにエサを取られるのみでした。

19:00前に浅場狙いに切り替え少し場所移動しました。目に付けたのは両脇を高い根に挟まれ沖までスリッドが走るポイントAとそのすぐ横の低い根が点在するポイントBです。
まずはポイントAから攻めてみました。暗くなっても最初はアタリがありませんでしたがコマセが効いてくるとフグのアタリが出始めました。潮の色が悪く昼間の状況からするとこのまま撃沈の不安もあったのでフグとは言え生命反応があっただけ少しホッとしました。しかし時間の経過とともにフグがさらに勢いを増します。コマセを撒くのをやめたり遠投したりしてみましたが効果は薄くハリまで取られるような状況になってしまいました。

そこで、ポイントAを攻めている最中から10m横から10分に一杯程度コマセを入れていたポイントBに仕掛けを入れてみました。するといきなりフグとは違う挙動でウキが沈みました。合わせた直後から真横へ一気に走り出しました。壁の裏側へ回られたため腕を必死に伸ばして耐えていると反転。ウネリを利用して高い根を飛び越えさせて足元まで引っ張ってくることに成功しました。上がってきたのは42cm980gの口太メジナ。

産卵直後で痩せてはいましたがファーストランはかなり痺れました。点在する根に潜ろうとせず横に走ってくれたのは幸運でした。

すぐにポイントBの立ち位置へ移動して再開しました。連発するかなと期待しましたが後が続きません。そこで足下の際ギリギリ狙いに変更しました。フグを避けるのと仕掛けを狙い通りに流す目的でコマセと仕掛けを入れるのはウネリが落ち着いた時だけ。その一瞬だけの勝負にかけてみました。タイミングが合うのは数分~10分に1回ぐらいです。するとこの作戦が成功。上手く仕掛けが入った3回目と8回目に小さいながらもクロダイがヒットしてくれました。


両方とも元気いっぱいに走り回ってくれました。2匹目のクロダイが出たところでコマセがなくなったため納竿しました。

今回は魚っ気に乏しく釣れたのはこの3匹と数匹のフグだけ。明るい時間の状況から何度も諦めかけましたが、粘ってみて正解でした。こういう起死回生の逆転ホームランがあるから釣りは面白いですね!

フォローする

TOP