4/19(木)幸運続きの磯釣り

4/19(木)はクロダイ&メジナ両狙いで地磯で竿を出してきました。
今回のポイントは足下からそこそこ水深はあるものの特に目ぼしいシモリや根などは少なく、すぐ先は砂地がメインとなる磯です。磯の先端寄りには先釣者がいたので一つ手前の場所に入りました。足下から30mくらい先までクロダイ用のコマセを打ち込んでポイントを作っていきます。しかし1時間経過しても付けエサのオキアミはたまに齧られる程度。魚がいないのかいても食いが渋いのか。目先を変えるために練りエサを使ってみますが状況は変わりません。食い込み優先で全誘導仕掛けに変更しました。しばらくすると道糸が走るアタリが出ました。最初の魚はヒガンフグでした。本命ではないですが道糸が走るアタリは気持ちがいいですね。その後はたまにウミタナゴが掛かるだけで時間が経過していきました。

16:00過ぎに先端の先釣者の方がお帰りになったので今度はそこから竿を出すことにしました。引き続きクロダイを狙いますがアタリの無いまま気付けば17:00。右前方付近のサラシを狙いたいのと夜釣りに備えて比重の軽いメジナコマセに作り替えました。仕掛けは全誘導仕掛けのまま17:30に再開しました。すると3投目に道糸がゆっくり引っ張られるアタリが出ました。グングングンとメジナの引きです。上がってきたのは37cmのメジナでした。

ここまで4連続メジナボウズだったので超嬉しかったです!

直後に今度は道糸がものすごい勢いで走りましたが根の裏に回られてラインブレイク。悔しいけど魚はいる。針を結び直して再開すると少しして32cmが連続ヒット。久しぶりにいい感じの釣れ方です。サイズアップを狙って同じ場所を攻めていると仕掛けが馴染むとすぐにウキが入りました。足下近くまで寄せてきて余裕を持っていたら根に張り付かれて動かなくなってしまいました。薄暗くなってきたし仕掛けを作り直している時間がもったいない。道糸を張ったり緩めたりを繰り返しているとじわじわと動き出しました。上がってきたのは1匹目より少し太った37cmでした。

ザラザラになったところまでハリスを切って再開すると今度は根掛かり。道糸もハリスも1.75号なので高切れの可能性が大。時間が時間なので高切れだけは避けたくゆっくりと道糸を引っ張るとチモトのところから切れてくれました。直結部をFGノットで組んでいたのが良かったのかもしれません。すぐに再開。暗くてウキは見えないため、穂先から数十cm程度見える道糸と穂先の感触でアタリを取っていると道糸がゆっくり張った後に穂先にわずかにアタリが出ました。今度は強引にやり取り。タモ入れ直前は大暴れしましたが割とすんなり浮いてきました。

今年の乗っ込み初の40cmオーバーでした。やっと巡り合うことができてホッとしました。

ここで電気ウキの半誘導仕掛けに変えて夜釣りスタート。沖はめぼしい根もなく狙いどころが絞れないため、右前方から足下までの壁際を順繰り攻めました。アタリは少なかったですが最後の最後にクロダイが出てくれました

今回は駐車スペースが一杯で私の車が最後の1台でした。根に潜られてもメジナが出てきてくれて、根掛かりもハリだけ取られて仕掛けを作り直さずに済みました。そしてコマセがなくなる寸前にクロダイがヒット。天国行きか地獄行きかの分岐点でことごとくいい方に事が運んでくれました。とてもラッキーな日でした。

フォローする

TOP