MFG神奈川海釣り大会参戦記

4/9(日)、城ヶ島を主会場に開催されたMFG(マルキューファングループ)東日本神奈川海釣り大会に参加してきました。
この大会は、25cm以上のクロダイ、メジナ合計3匹までの総重量、抽選によるペアマッチで順位が決まります。ペアマッチとはいえ、ペアで行動する必要はなく、上位入賞しない限りは誰とペアだったかもわからない特殊な競技方式です。簡単に言えば、ペアは誰かわからないので、とにかく自分でクロダイでもメジナでも重い魚を3匹釣るのみです。釣り場は、検量時間内(14:00~15:00)に大会会場に戻ってこられる場所なら基本的にどこでもOK。渡船利用も可能です。1匹当たりの重量で考えればクロダイ。でも撃沈の可能性も大きいのもクロダイ。メジナを狙うかクロダイを狙うか前日夜まで迷いましたが、一か八かクロダイ狙うことにしました。

当日は南西爆風だったため、釣り場は風裏となる会場から程近い岸壁を選択しました。少しでも長い時間竿を出したいというのも理由の1つです。
実釣開始は6:30。足下~10mぐらい先までは海底まで透け透け。そのためポイントを20~30m沖に設定しました。コマセを撒いて場を作りながら水深を測ると6m80cm前後。朝イチの高活性の魚を狙うべく最初は底を切った6mのタナを狙いました。3投目、誘いを入れながら流しつつ追いコマセを入れると。ウキがない?直後に道糸が真っ直ぐ走りました。すかさず合わせ。上がってきたの43cmのクロダイ。
DSC_0017
サイズの割りには元気いっぱい走り回って楽しませてくれました。早い時間にクロダイの姿が見られて上々のスタートでした。

 
1時間後、ウキがきれいに入りました。もう2匹目!わくわくしながら上げてくると、水面付近で猛ダッシュ。巨ボラでした。冷静に考えればボラなんですがねえ。舞い上がりすぎですね。
 
お昼前になると背中からの風が正面からの風に変わりました。風速は10m近くありそうで仕掛けもコマセも思うようにコントロールできなくなりました。少しの間竿を出さずに様子を見ていると、向かい風の影響か海底まで見えていた足下付近に濁りが入ってきました。適度な波っ気も出ていい感じです。今度は竿2本先の近場で食わせるイメージでコマセを入れます。13:20頃、ウキに反応が出ました。でも根もたれっぽい。棒ウキのトップまでは入らなかったので合わせずに回収すると、オキアミはなくなっています。同じように数投流したものの反応がないので、付けエサを練り餌(食い渋りイエロー)にして流すと・・・。先ほどと同じ場所でまたもや根もたれのようなウキの挙動が出ました。ウキのトップが少しずつ海中に入っていきます。この動きは経験上95パーセントは根もたれ。僅かな期待掛けてウキを見ているとスッと2cmくらいウキが入りました。ドキドキしながら糸ふけを取って穂先できくと、微かにゴン。魚だ!合わせると針掛かり。朝の巨ボラが頭を過りますが、首降りでクロダイを確信。すると今度は表彰台がチラチラ頭を過ります。慎重に慎重に時間を掛けてやり取り。無事にタモに収まったのは47cmのクロダイでした!
DSC_0019
安堵と満足感が押し寄せて力が一気に抜けてしまい釣りはこれで終了。釣り場の掃除を終え、小躍りしながら会場に戻りました。
 
そして表彰式。
優勝はクロダイを3枚揃えた枝川さんのペア。1人で5.4kgを釣った枝川さんは80余名の参加者の中で断トツの釣果でした。メジナも38cmを頭に多数釣られたそうです。
DSC_0026
枝川さんと言えば店内に掲示中の大真鯛を持ってる写真を見たことがある人も多いと思います。
私はクロダイ2枚で3.6kg。3位に入ることができました。
DSC_0033
大会というと貧果続きでしたが、魚が釣れて本当にホッとしました!

フォローする

TOP