2/21(火)のメジナ釣り

店休日の2/21(火)、メジナ狙いで行ってきました。午前中に所用を済ませたため少し出遅れて磯への到着はお昼頃。いつも人が入っている人気ポイントがたまたま空いていたのでそこに釣り座を構えました。
海水温が少し低下していて(14℃台)食い渋りが予想されました。できるだけ食い込みの際の抵抗を小さくしてメジナの口を使わせようと最初は浮き止めなしの全誘導仕掛けで実釣開始です。ハリスが馴染んだらウキがゆっくり沈んでいくように浮力を調整。ウキがシモっていった後は道糸の動きでアタリを取ります。6流し目、弛んでいた道糸がピーンと張りました。引きの割には重量感たっぷり。『いきなりいいサイズ来たかも!』と思ったら千切れた海藻も一緒でした(笑)。それでも37cm940g。早い時間に個人的にはまずまずのサイズが釣れて一安心です。
DSC_0318

しばらくして仕掛けを回収しようとしたら魚が掛かってます。これは足元まで寄せたところで針外れ。ここまではウキや道糸にメジナと思われる反応が度々出ていて食いは想像していたほど渋くはありません。ただ全誘導仕掛けだとメジナの反応が出る層がが今ひとつわからなかったので、ウキ止めを付けた半誘導仕掛けに変更してみました。
ウキ下を1ヒロ半から少しずつ深くしながらメジナの反応を見ていきます。すると、2ヒロちょっとのウキ下で仕掛けを入れてているときにしもっていったウキがスッーと加速しました。ただすぐにウキの動きが止まりウキが再浮上。魚がエサを離したようです。エサを小さめに付けて再度流すとまた途中で付けエサが離されます。それならばと今度はウキが動いたら即合わせ。しかし空振り。針のサイズを落とそうかとも思いましたが、とりあえずウキ下をさらに30cm下げてみました。すると、先ほどと同じようにウキが入っていきますが今回はウキは再浮上せずに沈んだまま。合わせると今度はしっかりと針掛掛かりしてくれました。
DSC_0319

連続してもう1枚掛かります。
DSC_0322
サイズはともかく嬉しい連続ヒットでした。

しばらくして沖の潮目を流すとウキがゆっくり入って34cm。
DSC_0323

でぶでぶでいいファイトをしてくれました。

そして17:00前にこの日最大の39cm1110g。
DSC_0325
先手を取られてしまったためハリスはボロボロでした。

この日釣れたメジナは5枚。ですが、メジナっぽいアタリはその3倍はあったと思います。乗っ込み期で食いが渋い状態は続くと思われますが、策が嵌って手にした1枚はサイズの大小に関係なく気持ちのいいものですね。そろそろクロダイも気になりますが、メジナもまだ頑張りますよ~!

フォローする

TOP