小サバ対策に練りエサ

こんばんは!スタッフKです。

三浦半島の磯や堤防でこの時期恒例の小サバが回遊しています。小サバは動き回るスピードが速く、フィッシュイーター(小魚を食べる魚)で好奇心旺盛なため、フカセ釣りには厄介なエサ取りです。大群でいるためオキアミは瞬殺、スピードが速いのでコマセの打ち分けも難しいです。ここのところ小サバ包囲網を潜り抜けてクロダイやメジナを手にしている人は、付けエサとして練りエサやサナギを使っている人が多いです。小サバはサナギはほぼスルー、練りエサはアタックはしますが、合わせなければ狙いのタナまで落とすことが高確率でできるようです。練りエサはクロダイのエサとして使用されることが多いですが、メジナが食ってくることも多いです。先日の店長の41cmのメジナも練りエサでの釣果でした。実は私の人生初メジナも練りエサでした。クロダイ釣りにオキアミ以外に練りエサやサナギ、コーン等複数の付けエサを用意していく人が多いですが、メジナ狙いの時もエサ取り対策として練りエサを使ってみるのも面白いと思います。

岩イソメ、ジャリメ、青イソメ、オレンジイソメはいずれもたっぷり在庫がございます。明日も早朝3:00開店です。


フォローする

TOP