海水温は低いながらも安定傾向

こんばんは!スタッフKです。

昨日はお昼前から三浦南部でメジナ釣りをしてきました。三崎の海水温はここのところ13~12℃を行ったり来たりしていて超食い渋り予想されましたが、小型ながらも実釣開始からアタリが結構あって、34~25cmのメジナが9匹(30cmオーバーは3匹)にカイズ32cmが釣れました。


昨日はコマセを撒いてメジナを寄せるというよりも、重い仕掛けを使って足元や左右の根に潜むメジナに『こちらから付けエサを届けてあげる』ことを意識して釣りを展開しました。根際ギリギリに仕掛けが上手く入ると食ってくる確率が高かったです。アタリは総じて渋く、付けエサを咥えてもすぐに離してしまうようなウキの挙動も多くありました。メジナ自体はかなりの数がいたような気がしました。
持ち帰って捌いたメジナの胃袋はコマセや海苔でいっぱいでした。低い海水温でもメジナが捕食活動しているのは間違いなく、チャンスはたくさんあると感じました。今回は残念ながらいいサイズは出ませんでしたが、9匹のメジナの顔が見られて楽しかったです。次の休みが今から待ち遠しいです。

岩イソメ、ジャリメ、青イソメ、オレンジイソメは全て在庫がございます。明日は早朝3:00開店です!

フォローする

TOP